※当サイトでは一部「PR」を含みます。

※期間限定:5月31日まで
すららキャンペーン情報全国の教育機関でも多くの導入実績あり。
通信教育すららが入会金0円」キャンペーン中です。
詳しくは https://surala.jp/

 

通信教育で中学生の成績を上げる!知っておくべき超重要7つのポイント

通信教育で中学生の成績を上げる!知っておくべき超重要7つのポイント

tana

こんにちは、元塾講師のTanaです。

今回は「通信教育で中学生の成績を上げる方法が知りたい!」という疑問に応えます。

この記事では通信教育の利用を考える中学生の親御さんに向けて、成績を上げる7つのポイントおよび、成績アップと同じくらい不可欠となる使い方のコツなどを詳しく解説します。

これらのポイントを押さえることで通信教育の効果を最大限に引き出し、

中学生の成績向上が飛躍的に期待できるかと。

いま抱えている成績の悩みを、すべて解消することができれば幸いです。

さあ、一緒に成績アップ成功への道を歩んでいきましょう!

【まずは大前提】通信教育スタイルと目標を完全一致させる

【まずは大前提】通信教育スタイルと目標を完全一致させる

通信教育で中学生の成績を上げるため、まず大前提となる条件が「スタイルと目標の一致」です。

この通信教育スタイルと、子供の目標における関係はつぎの通り。

スタイル強み一致する目標
教科書範囲に強い
(標準校対策におすすめ)
毎月送付される紙教材を使うため現在の学習として最適。教科書範囲内をしっかりと網羅できる。
デジタル無学年式教材も多く復習・予習に効果的。デジタル特性を活かした情報量の多さ、動きや音声などを使って学べるのがメリット。教科書範囲内をしっかりと履修できる。
オンライン指導教科書範囲外にも強い
(難関私立対策におすすめ)
講師とマンツーマン(対面式)で教科書範囲外まで履修できる。基礎対策というよりも応用対策に適しており、疑問解消中心の家庭勉強が可能。

このように、通信教育スタイルの特性により「学べる範囲」が異なります。

紙・デジタルは受動型といえる通信教育スタイルで、固定式(すでに用意された内容)によって履修できるのが特徴。したがって中学生の教科書範囲については強みとなりますが、範囲外における履修効果はほぼ期待できません。

オンライン指導は能動型といえる通信教育スタイルで、自由式(内容が決まっていない)ため質問中心で履修できるのが特徴。したがって教科書範囲はもちろん範囲外まで、幅広い学習効果が期待できます。

  • いま現在の成績アップを図りたい紙・デジタルがおすすめ。教科書範囲をくまなく履修でき、勉強スピードをアップすればより多くの疑問解消へつながる。
  • 将来的な成績アップを図りたいオンライン指導がおすすめ。いま現在の成績は安定しており、難関私立校対策など将来的な成績アップをさせたい場合に有効。

このことから、中学生へ教科書範囲をしっかり学ばせるには「紙」「デジタル」がおすすめ。

とくに高校受験で標準校をめざす場合などに効果的で、教科書範囲から出題される公立高校受験に適した通信教育になります。一般的に学校の成績アップを図る場合にも、この通信教育スタイルが適しています。

また「オンライン指導」は教科書範囲外まで学べることから、とくに難関私立高校の受験をめざす中学生に最適。教科書範囲外の要素も出題されるため自由式のピンポイント指導は適しており、学校の成績アップはもちろん、中学生へよりハイレベル学習を学ばせたいという場合に効果的な通信教育スタイルとなります。

まずは子供(中学生)の目的を明確にして、通信教育スタイルの特性と合わせることが大前提として必須となる重要。

たとえば基礎範囲を少しでも多く学ばせ成績アップを図ろうとする場合、応用範囲が強みとなるオンライン指導を選んでも大きな効果は見込めません。また逆に教科書範囲外まで学ばせたい場合、教科書範囲内しか履修できない紙・デジタルを選んでもほぼ効果は期待できません。

ここがズレてしまうと通信教育を利用しても、中学生の成績アップは期待できず効果半減。

したがって利用目的と通信教育スタイルを「完全一致」させることがまずは大前提で、もっとも時間をかけて考えるべきポイントであるといえます。

tana

このことを理解したうえで、中学生の成績アップにむけ通信教育を選んでみてください。

 

通信教育で中学生の成績を上げる7つのポイント

通信教育で中学生の成績を上げる7つのポイント

通信教育スタイルと利用目的が一致すれば、マッチング性の高い通信教育選びができていると思います。

つぎは選んだ通信教育を有効に活用して、より中学生の成績アップへつながるためのポイントについて詳しく解説していきます。

通信教育で中学生の成績を上げる7つのポイント

  1. 成績アップにむけたスタートダッシュ
  2. やる気を引き出すコツ
  3. 勉強時間の確保と効果的な使い方
  4. 快適で集中できる場所づくり
  5. 自分なりの学習スタイルを見つける方法
  6. 選び方と効果的な使い方
  7. 成績チェックの重要性と進歩を続けるためのアクション

矢印

はじめに:成績アップにむけたスタートダッシュ

はじめに:成績アップにむけたスタートダッシュ

通信教育を始める際には、中学生における成績アップのためのスタートダッシュを切ることが重要です。この段階でしっかりと準備をすることで、子供の勉強基盤を築き、成果を最大化することができます。

まず最初に親が通信教育のメリットを理解し、子供に対して積極的な

サポートを提供することが重要です。

通信教育は中学生の柔軟な学習スタイルや、自宅での勉強環境の利点があります。親がそのメリットを把握し子供に適切なサポートを行うことで、成績向上に大きく貢献することができます。

また、成績アップのためのスタートダッシュでは、以下のポイントに注目することが重要です。

勉強意欲の醸成

中学生の勉強意欲を高めることが成績アップの第一歩です。親とのコミュニケーションを通じて子供の興味や関心を引き出し、学習への意欲を醸成しましょう。

学習環境の整備

中学生が、学習に集中できる環境を整えることも重要です。静かな場所や勉強に適したデスク、必要な履修用道具を用意し、子供が快適に学べる環境を整えましょう。

目標設定と計画立て

中学生の成績アップにむけた学習目標を子供と一緒に設定し、具体的な計画を立てましょう。目標達成のためのステップを明確にし、子供が通信教育に取り組みやすくなるような計画を作ります。

学習教材の選択

通信教育では様々な学び教材が提供されています。中学生の勉強スタイルや興味に合わせて通信教育を選び、効果的に活用しましょう。親が教材の選択に携わり、最適な通信教育を提供することで子供の学習効果を高めることができます。

勉強の継続とモチベーション管理

中学生にむけた成績アップのためには勉強の継続が欠かせません。親として子供の学習を定期的にチェックし、モチベーションを維持するための工夫を行いましょう。

tana

この「成績アップにむけたスタートダッシュ」では、中学生へ通信教育を始める際に親が行うべき準備や取り組み方について解説しています。

親が中学生の履修意欲を引き出し勉強環境や目標設定、通信教育選び、履修継続とモチベーション管理に注力することで通信教育のメリットを最大限に活かし、中学生の成績アップにつなげることが大きく期待できます。

親が積極的に関わりサポートを行うことで、中学生の家庭履修への意欲や自己管理能力を向上させることが目指せます。

 

やる気を引き出すコツ

やる気を引き出すコツ

中学生のやる気を引き出すことは、通信教育の成功において重要な要素です。親が以下のコツを実践することで、子供の学習へのやる気を高めることができます。

興味関心を尊重する

中学生が関心を持っている分野やテーマに対して、積極的に興味を示しましょう。子供自身が興味を持つことで学びへのやる気が高まります。親が子供の興味を尊重し、それに合わせた勉強の機会を提供することが大切です。

成功体験を積み重ねる

中学生が学習に取り組んだ結果を褒めたり、成功体験を積み重ねることでやる気が向上します。親は子供の努力や成果を認め、褒めることで自信を育みましょう。小さな成功体験を積み重ねることで、子供は履修へのやる気を持ち続けることができます。

目標設定と報酬システム

勉強における目標設定は、中学生のやる気を引き出すための有効な手段です。中学生の子供と一緒に目標を設定し、達成した際には小さな報酬を用意することでモチベーションを高めましょう。

報酬は具体的で達成可能なものであり、子供が自ら目指すことができるようなものが望ましいです。

学習の楽しさを伝える

学びとは楽しいものであることを子供に伝えましょう。例えば勉強ゲームやクイズを取り入れたり、興味を引くエピソードや実生活との関連性を示したりすることで、中学生は履修における楽しさを実感します。

サポートと共感を示す

学習に取り組む際には、親のサポートと共感が重要です。子供が困ったり挫折したりした場合には、一緒に問題を解決しようとする姿勢を示しましょう。中学生が勉強に苦手意識や不安を抱えている場合には、その気持ちを理解し、共感することも大切です。

tana

中学生のやる気を引き出すためには、親が子供の興味や個性を理解し、勉強に対するポジティブな環境を提供することが重要です。子供のやる気を引き出すための上記のコツを実践することで、通信教育の効果を最大限に引き出すことができます。

 

スケジュール管理術:勉強時間の確保と効果的な使い方

スケジュール管理術:勉強時間の確保と効果的な使い方

中学生の成績を向上させるためには、通信教育を活用した学習時間の確保とその効果的な使い方が重要です。以下では、スケジュール管理術に焦点を当てて解説します。

学習時間の確保

中学生の多忙な日程の中でも、学習時間を確保することが成績向上の鍵です。まずは家族と協力し、中学生のスケジュールを確認しましょう。学校の授業やクラブ活動、習い事などの予定を把握し、通信教育の勉強時間を計画的に組み込みます。

また履修時間を優先するために、余計な時間を削減する工夫も必要です。例えばスマートフォンやテレビの使用時間を制限するなど、無駄な時間の利用を減らすことが効果的です。

学習時間の効果的な使い方

学習時間を有効に活用することも重要です。まずは通信教育の教材やカリキュラムに沿って、学習計画を立てましょう。通信教育の進め方や目標を明確にすることで、勉強の方向性が定まります。

また、中学生の特性や好みに合わせた履修方法を取り入れることも有効です。例えば視覚的な履修法や音声教材を利用するなど、個々の子供の勉強スタイルに合わせた工夫をすることが重要です。

スケジュールの柔軟性

スケジュールは柔軟に調整することも大切です。中学生は様々な予定や課題に追われることがありますので、学習時間が確保できない場合や予定が変更になった場合は臨機応変に対応しましょう。

例えば週末や休みの日に集中的に勉強するなど、時間の使い方を工夫することで勉強の効果を最大化することができます。

tana

スケジュール管理術を通じて、中学生の学習時間を確保し効果的に活用することは、通信教育を利用した成績向上のために非常に重要です。親としては子供のスケジュールを理解し、適切なサポートを行うことが求められます。

また、子供とのコミュニケーションを大切にし、柔軟にスケジュールを調整することで、中学生の成績アップにつなげることが期待できます。

 

学習環境の整え方:快適で集中できる場所づくり

学習環境の整え方:快適で集中できる場所づくり

中学生の成績を向上させるためには、通信教育を活用した学び環境の整え方が重要です。以下では、快適で集中できる学習場所を作るためのポイントについて解説します。

静かで明るい場所

中学生が学習に集中するためには、静かで明るい場所が必要です。通信教育は自宅で行うことが多いため、子供が落ち着いて取り組める環境を整えましょう。

静かな部屋や書斎、リビングの一角など、騒音や他の家族の邪魔を受けにくい場所が適しています。また、明るい照明や自然光が入る窓の近くで学ぶことで、目の疲れを軽減し中学生の集中力を高めることができます。

整理整頓

整理整頓された勉強環境は、中学生の集中力と学習効果に直結します。机や履修スペースを清潔に保ち、必要な通信教育や参考書を整理しましょう。また、履修に必要な道具や文房具を揃えておくことも大切です。

整頓された環境は、子供の心を整えるだけでなく中学生の履修意欲を高める効果もあります。

気分をリラックスさせる要素の取り入れ

中学生へ快適な学習環境を作るためには、子供がリラックスできる要素を取り入れることもおすすめです。

例えば好きな音楽を流したり、気に入った観葉植物を飾ったりすることで、子供の気分を和らげる効果があります。勉強が楽しくなるようなポスターや絵画を壁に掲示することも良いアイデアです。

中学生が学びに没頭しやすい環境を整えることで、通信教育をより効果的に活用できます。

学習環境の見直し

定期的に学習環境を見直すことも中学生には重要です。成長に伴って子供の履修スタイルや好みが変わることがありますので、柔軟に対応しましょう。

中学生の子供が自分の勉強環境に満足しているか、必要な改善点はないかを定期的に確認し、必要な場合は改善を行いましょう。

tana

以上のポイントを踏まえて、通信教育を活用した学習環境の整え方を考えることで、中学生の成績向上につながるでしょう。親としては子供の履修環境をサポートし、できるだけ快適で集中できる場所を提供することが重要です。

 

自分なりの学習スタイルを見つける方法

自分なりの学習スタイルを見つける方法

通信教育を通じて中学生の成績を上げるためには、子供が自分なりの学習スタイルを

見つけることが重要です。以下では、その方法について詳しく解説します。

学習傾向の分析

まずは子供の学習傾向を分析しましょう。中学生の子供が得意とする教科や勉強方法、好きな履修スタイルなどを把握することで、最も効果的な履修方法を見つけることができます。

通信教育の教材やテスト結果、学校の成績などを参考にしながら、子供の得意な領域や苦手な領域を把握しましょう。

学習スタイルの試行錯誤

中学生へむけた学習スタイルは人それぞれ異なります。子供が自分に合った履修スタイルを見つけるためには、試行錯誤が必要です。

例えば、視覚的な学びが得意な子供は図表やグラフを活用する方法が効果的かもしれません。また、音声を聴くことで情報を吸収しやすい中学生は、録音した講義を再生するなどの方法が適しているかもしれません。

子供と一緒に様々な履修方法を試し、どの方法が自分に合っているかを見つけることが大切です。

目標の設定と自己評価

中学生に適した学習スタイルを見つけるためには、目標の設定と自己評価が欠かせません。

子供と一緒に履修する目標を具体的に設定し、それに向かって取り組んでいきましょう。そして定期的に自己評価を行い、勉強の進捗や達成度を振り返ります。

中学生の自己評価を通じて、どの履修スタイルが成果をもたらしているかを確認し、必要に応じて調整を行いましょう。

通信教育の柔軟な活用

通信教育は多様な学習スタイルに対応した教材やコンテンツを提供しています。

中学生の子供が自分なりの勉強スタイルを見つけるために、通信教育の教材を柔軟に活用しましょう。さまざまな形式の通信教育を試し、自分に合った履修方法を探求することができます。

また通信教育の担当教師やカウンセラーとのコミュニケーションを通じて、中学生の履修スタイルに合わせたカスタマイズされたサポートを受けることも重要です。

tana

以上のポイントを参考にしながら、中学生が自分なりの学習スタイルを見つけることで、通信教育を効果的に活用し中学生の成績向上につなげることが期待できます。

親としては子供の履修スタイルの変化や進捗を見守り、適切なサポートを提供することが大切です。

 

通信教育の活用術:選び方と効果的な使い方

通信教育の活用術:選び方と効果的な使い方

通信教育を通じて中学生の成績を上げるためには、適切な学習教材の選択と効果的な

使い方が重要です。以下では、そのポイントについて詳しく解説します。

通信教育の選び方

通信教育では、多種多様な教材が提供されています。教科ごとに適切な通信教育を選ぶことが、中学生における成績向上の鍵となります。

まずは子供の苦手な教科や学習課題を特定しましょう。

その上で、その教科や課題に特化した内容や丁寧な解説がある通信教育を選ぶことが重要です。また子供の勉強スタイルや興味に合った教材を選ぶことで、中学生における履修へのモチベーションアップ効果も期待できます。

通信教育の効果的な使い方

中学生が通信教育を効果的に活用するためには、以下のポイントに留意しましょう。

  • 目標設定
    中学生の通信教育を使った学習には具体的な目標を設定しましょう。例えば、特定の単元をマスターする、問題集の問題を一定数解くなどの目標を定めることで、勉強の方向性が明確になります。
  • スケジュールの組み立て
    通信教育の履修時間をスケジュールに組み込みましょう。勉強時間の確保と計画的な使い方が、中学生の成績向上につながります。適切な履修ペースを保つために週や月の目標を設定し、それに基づいて通信教育を使った予習・復習を進めていきましょう。
  • 理解と復習
    中学生の通信教育を使った勉強では、単に問題を解くだけでなく、理解を深めることが重要です。通信教育の解説や補足資料を読みながら、問題の解法や内容をしっかりと理解しましょう。また定期的な復習を行うことで、中学生へ学習内容を定着させることができます。
  • 質問とフィードバック
    中学生が通信教育を使って履修する際に疑問点やわからない箇所があれば、通信教育の担当教師やカウンセラーに質問しましょう。フィードバックを受けることで、勉強の課題や改善点を把握し、中学生にとってより効果的な勉強ができるようになります。

tana

以上のポイントを参考に、適切な通信教育の選択と効果的な使い方を行うことで、通信教育を通じて中学生の成績を向上させることができます。親としては子供の学習状況を把握し、適切なサポートを提供することも大切です。

 

成績チェックの重要性と進歩を続けるためのアクション

成績チェックの重要性と進歩を続けるためのアクション

通信教育を通じて中学生の成績を上げるためには、成績チェックの重要性を理解し、

進歩を続けるためのアクションを取ることが必要です。以下では、そのポイントに

ついて詳しく解説します。

成績チェックの重要性

中学生の成績チェックは、子供の履修における進捗や理解度を把握するために不可欠です。

通信教育では、定期的に提出される課題やテスト結果を通じて成績を評価することが一般的です。成績チェックを行うことで中学生の弱点や改善すべき点を把握し、適切なサポートや補完学習を行うことができます。

また、成績チェックによって中学生自身も自分の勉強状況を客観的に把握することができ、モチベーションの向上や目標設定にもつながります。

進歩を続けるためのアクション

成績チェックの結果を受けて、以下のアクションを取ることで進歩を続けることができます。

  • 弱点の克服
    成績チェックにおいて明らかになった弱点や課題に対して、通信教育の教材や資料を活用して克服しましょう。特に苦手な教科や単元に重点を置き、補習や復習を行うことで中学生の理解を深めることができます。
  • 目標設定と計画立て
    成績チェックの結果をもとに、具体的な目標を設定しましょう。例えば、次のテストで特定の単元の点数を上げる、特定の課題に取り組むなどの目標を立てます。それに基づいて学習のスケジュールや計画を立て、中学生への適切な時間配分と集中力を確保しましょう。
  • 継続とモチベーションの維持
    成績チェックの結果にかかわらず、とくに中学生は学習の継続とモチベーションの維持が重要です。定期的な成績チェックを行うことで自己評価が可能となり、進歩を実感することができます。さらに中学生が成果を実感しやすい形で報酬や褒め言葉を与えることも、モチベーションを高める上で効果的です。

tana

成績チェックの重要性を理解し、進歩を続けるためのアクションを取ることで、通信教育を通じて中学生の成績向上を支援することができます。親としては成績チェックの結果を子供と一緒に振り返り、目標設定や計画立てのサポートを行うことが重要です。

また成績チェックだけでなく、中学生の学習過程や悩みに寄り添いながら継続的なサポートを提供することも大切です。

 

通信教育がもたらす中学生の成績向上効果

通信教育がもたらす中学生の成績向上効果

この項目では、通信教育が中学生の成績向上にどのような効果をもたらすのか

について詳しく解説します。

通信教育は、中学生が自宅や自分のペースで学習することができる柔軟な履修方法です。以下では、通信教育が中学生の成績向上に与える効果について具体的に説明します。

個別指導とカリキュラムの適応性

通信教育は中学生の個々の学習ニーズに合わせたカリキュラムを提供するため、各生徒が自分のペースで勉強できます。これにより、苦手科目の克服や興味のある分野の深堀りが可能となり、中学生の履修意欲アップが望めます。

時間と場所の制約の解消

通信教育は中学生が自宅や外出先など、自分の都合の良い場所で学習することができます。また学校授業との調整も柔軟に行えるため、履修時間の確保やスケジュールの調整が容易です。これにより中学生は自分のリズムに合わせた勉強環境を作ることができ、集中力や予習・復習効果の向上が期待できます。

自己学習の促進

通信教育は中学生が自主的に勉強する機会を提供します。自分で履修計画を立てたり、履修用教材を活用したりすることで、自己学習能力や自己管理能力の向上がめざせます。これにより中学生は主体的に学ぶ姿勢を養い、結果的に成績アップが期待できます。

定期的なフィードバックとサポート

通信教育では定期的な進捗チェックや課題提出があります。これにより中学生は自身の学習状況を把握し、必要なサポートを受けることができます。通信教育や指導者からのフィードバックを通じて、中学生は自分の課題や進歩点を把握し、成績向上に向けた改善策を見つけることができます。

tana

通信教育は、中学生の成績向上に大きな効果をもたらす自己研摩方法です。中学生が自宅や自分のペースで勉強することで、個別指導や自己学習能力を伸ばし、時間と場所の制約を解消することができます。

定期的なフィードバックとサポートも受けながら、中学生は自信を持って履修に取り組むことができます。通信教育を活用することで、中学生の成績向上と自己研摩意欲の向上を実現しましょう。

 

通信教育で中学生の成績が上がらない原因

通信教育で中学生の成績が上がらない原因

この項目では、通信教育を受けている中学生の成績が上がらない原因

について詳しく解説します。

通信教育は柔軟な自己研摩方法ですが、中には成績が上がらないと感じる場合もあります。以下では、そのような状況が生じる主な原因について具体的に説明します。

学習計画の欠如

通信教育では中学生が自主的に学習する機会が多いため、適切な勉強計画が重要です。中学生が履修時間や進め方を適当に決めたり、計画を立てないまま取り組むと、効果的な勉強が行われず成績が上がりにくくなります。

集中力やモチベーションの欠如

自宅や外出先で学ぶ通信教育では、集中力やモチベーションの維持が課題となることがあります。中学生が履修環境や勉強スタイルを整えないまま取り組むと、疲労や気分の浮き沈みが生じ、成績向上が阻害される場合があります。

学習内容への理解不足

通信教育では、中学生が教材やテキストを自主的に学習することが多いです。しかし中学生が履修内容を正確に理解せずに進めてしまうと、基礎が固まらずに先の勉強に支障をきたし、成績が上がらないことがあります。

絶え間ないサポートの欠如

通信教育では教材や指導者からのフィードバックやサポートがありますが、中学生がそれを適切に受け取れない場合もあります。適切なアドバイスや補習の機会を活用せずに続けると、学習の修正や理解が不十分なままで成績が上がりにくくなります。

tana

中学生の通信教育において、成績が上がらない原因は様々ですが、履修計画の立て方や学習環境の整備、理解不足の解消、絶え間ないサポートの受け取り方などに注意することで、成績向上につなげることが期待できます。中学生と密にコミュニケーションを取り、問題点を解決するためのアクションを共有することも重要です。

✅ もういちど超重要なポイントをチェックしませんか?

→ 【まずは大前提】通信教育スタイルと目標を完全一致させる

 

まとめ

今回は「通信教育で中学生の成績を上げる方法が知りたい!」という疑問に対して、

通信教育で中学生の成績を上げる7つのポイントを通じて解説してきました。

これらのポイントを徹底的に実践することで、通信教育の効果を最大限に引き出し、中学生の成績を向上させることが大幅に期待できます。

まず、やる気を引き出すコツや、学習時間の確保と効果的な使い方に注目。

また学習環境の整え方や、自分なりの履修スタイルの見つけ方も重要なポイント。さらに適切な通信教育の選び方と、効果的な使い方も重要なチェックポイント。そして成績チェックの重要性と、進歩を続けるためのアクションも忘れずに行ってみてください。

通信教育は中学生の成績向上に、効果的な自己研摩方法として注目されています。

tana

これらのポイントを実践し中学生の学習意欲を高め、成績を向上させるサポートをしていきましょう。親御さんと中学生が協力し努力を続けることで、通信教育がより効果的に成績向上に貢献することでしょう。

ぜひこれらのポイントを参考にして、通信教育を活用して中学生の成績を上げる一歩を踏み出してください。成功への道はきっと近くにあります。頑張ってください!