※当サイトでは一部「PR」を含みます。

中学生がオンラインで学べるコミュニケーション教室ベスト7選

中学生がオンラインで学べるコミュニケーション教室ベスト7選

tana

こんにちは、元塾講師のTanaです。

今回は「中学生におすすめのオンラインコミュニケーション教室が知りたい!」という疑問に応えます。

この記事で示す「中学生がオンラインで学べるコミュニケーション教室ベスト7選」は、中学生本人はもとより、子供のコミュニケーション能力アップに焦点を当てている親御さんへとくに参考になります。

この記事ではオンラインで提供される7つのコミュニケーション教室を紹介し、中学生が抱えるコミュニケーションの悩みに対処する手段として役立つ情報を提供。

保護者の方々が中学生の成長に寄り添い、コミュニケーション能力を発展させるための具体的な選択肢を見つける一助となれば幸いです。

中学生は友達や先生とのコミュニケーションが重要ですが、その中で悩むことも多いもの。

オンラインコミュニケーション教室を利用することで、中学生が自分のペースで効果的な学びを得ることができ、将来に向けてのスキルを身につける手助けになると思います。

  1. 【はじめに】中学生におけるコミュニケーション能力の重要性
    1. 友情と協力の形成
    2. 学業成績向上への寄与
    3. 自己表現力と対人関係の発展
    4. 将来のキャリア形成
    5. 問題解決と調整能力の発展
    6. 自己肯定感の向上と精神的な健康
  2. 中学生におすすめオンラインコミュニケーション教室ベスト7選
    1. ①芦屋話し方教室
    2. ②ボイスアカデミー
    3. ③スタートアップJr.
    4. ④ことばキャンプ
    5. ⑤江戸塾
    6. ⑥マナカル
    7. ⑦こどもビジネススキル
  3. 中学生へオンラインコミュニケーション教室を選ぶポイント
    1. カリキュラムのバリエーション
    2. 専門性の強化
    3. 実践的な要素の充実
    4. 新しい学びの形
    5. 保護者サポート
    6. 柔軟なスケジュール
  4. どんな中学生にオンラインコミュニケーション教室はおすすめ?
    1. 内向的な性格の中学生
    2. 多忙なスケジュールを抱える中学生
    3. 将来のビジネスリーダーを目指す中学生
    4. 特定のスキルを伸ばしたい中学生
    5. 国際的な交流を望む中学生
    6. アウトプット力を高めたい中学生
    7. 自己表現力を高めたい中学生
  5. オンラインコミュニケーション教室で学べる内容と効果
    1. プレゼンテーションスキルの向上
    2. コミュニケーション力の強化
    3. ロジカルシンキングの養成
    4. 語学スキルの向上
  6. オンラインコミュニケーション教室で解消される中学生の悩み
    1. 自己表現の不安
    2. 新しい友達とのコミュニケーションの難しさ
    3. リモート学習におけるモチベーションの低下
  7. コミュニケーション苦手な中学生に最適「オンライン学習」
    1. デジタルスタイル
    2. マンツーマンスタイル(1対1の個別指導)
  8. まとめ

【はじめに】中学生におけるコミュニケーション能力の重要性

【はじめに】中学生におけるコミュニケーション能力の重要性

中学生におけるコミュニケーション能力の重要性は、将来的な個人の成功や幸福に

直結する大切な要素。以下は、その理由を詳しく解説したものです。

友情と協力の形成

  • 感情の共有
    中学生期は感情の変動が激しくなる時期でもあります。良好なコミュニケーション能力を持つことで、友達と感情を共有し合い、お互いを理解しやすくなります。これが深い友情の基盤を築く手助けとなります。
  • 協力のスキル
    クラスや部活動での協力プロジェクトでは、効果的なコミュニケーションが不可欠です。意見を尊重し合い、効果的な情報共有を通じて、グループ全体が協力して目標を達成することが期待されます。

学業成績向上への寄与

  • 積極的な質問
    コミュニケーション能力が高い生徒は、積極的に質問し、疑問点を解決する姿勢があります。これにより、授業内容の理解が深まり、学業成績が向上します。
  • 学習グループの活用
    コミュニケーションが円滑な生徒は、学習グループを組んで情報を共有し合い、お互いの強みを生かして効率的な学習ができます。

自己表現力と対人関係の発展

  • リーダーシップの培養
    コミュニケーションが得意な中学生は、グループでのリーダーシップを発揮しやすいです。他者を引っ張りながら目標に向かって進む経験は、将来のリーダーシップスキルの基盤となります。
  • 対話のスキル
    他の生徒との対話を通じて、自分の意見を整理し、相手の意見を理解する技能が向上します。これが将来の対人関係において非常に役立ちます。

将来のキャリア形成

  • 面接やプレゼンテーションの重要性
    中学生期からコミュニケーション技能を養うことは、将来の就職活動においても重要です。面接やプレゼンテーションの場で自分を適切にアピールできるようになることが、求職者としての競争力を高めます。

問題解決と調整能力の発展

  • 協議と妥協のスキル
    問題が生じた際、他者との協議や妥協が必要です。コミュニケーションが円滑であれば、対立を建設的に解決し、調整能力を高めることができます。
  • 非効果的なコミュニケーションの回避
    中学生が非効果的なコミュニケーションパターンを回避できるようになることは、人間関係の健全性を保つ上で重要です。

自己肯定感の向上と精神的な健康

  • ポジティブなフィードバックの重要性
    良好なコミュニケーションはポジティブなフィードバックを生み出し、これが中学生の自己肯定感を向上させ、学業や対人関係に対する自信を養います。

tana

これらの要素が、総合的に中学生のコミュニケーション能力の重要性を構成しています。

親や家庭は子供がこれらの技能を発展させるため、積極的なサポートと理解を提供することが必要です。

これを踏まえたうえで、つぎの項目で「おすすめのコミュニケーション教室」を紹介します。

矢印

中学生におすすめオンラインコミュニケーション教室ベスト7選

中学生におすすめオンラインコミュニケーション教室ベスト7選

①芦屋話し方教室

①芦屋話し方教室出典:芦屋話し方教室

おもな特長
(おすすめ度)
美しい話し方や自己表現力の向上を重視。
4.0
身に付きやすい
コミュニケーション能力
言葉を魅力的に使い、相手に的確に伝える能力。
おすすめの中学生口頭表現力を向上させたい中学生。

「芦屋話し方教室」が中学生のオンラインコミュニケーション教室として

おすすめと言える根拠は以下の点です。

プロの経験豊富な講師
オンラインコミュニケーション教室「芦屋話し方教室」の講師は、元日本テレビ系列局アナウンサーであり、局アナ歴約10年の経験を持つ小野山(田村) 純子氏。その他にもヤマト運輸での接遇インストラクターとしての経歴があります。このようなプロの経験を持つ講師が指導することで、中学生は確かな技能を身につけることが期待されます。

オンライン講座の柔軟性
中高生向けのオンラインコミュニケーション教室は、忙しい中学生にとって非常に利便性が高いです。都合がつく日に受講できるだけでなく、興味のあるテーマだけを選択して受講できる柔軟性があります。

具体的な学習テーマ
各レッスンで取り上げるテーマは非常に具体的で、中学生が直面する様々なコミュニケーションの場面に焦点を当てています。例えば緊張の乗り越え方、分かりやすく話すコツ、友だちができやすくなる自己紹介など、日常生活や学校生活で実践的に役立つスキルを学べる構成となっています。

発音・発声のトレーニング
発音や発声のトレーニングは、コミュニケーションにおいて非常に重要。口の動きを滑らかにし、声を大きく、発音を明瞭にするための具体的な練習法が提供され、これが中学生の話し方を向上させる一環となります。

スピーチ練習の実践性
毎回のスピーチ練習では実際にテーマを発表し、自分の意見をまとめて発表する訓練が行われます。これにより中学生は緊張感を克服し、冷静に自分の気持ちや口調のコントロール能力を養うことが期待されます。

講師のメッセージと信頼感
講師からのメッセージには、自らが苦手意識を克服してアナウンサーになった経験があり、それを教育に生かしているという内容が含まれています。このような講師の信頼感が受講者にとって安心感を提供し、学びやすい環境を築くでしょう。

tana

以上の点から「芦屋話し方教室」は、中学生のオンラインコミュニケーション教室としておすすめできると言えます。

✅ 詳細:芦屋話し方教室

 

②ボイスアカデミー

②ボイスアカデミー出典:ボイスアカデミー

おもな特長
(おすすめ度)
プロのボイストレーナーによる声のトレーニング。
3.0
身に付きやすい
コミュニケーション能力
声のトーンや表現力を通じて感情を伝える能力。
おすすめの中学生声や表現力を向上させたい中学生。

「ボイスアカデミー」が中学生のオンラインコミュニケーション教室として

おすすめと言える根拠は以下の点です。

明確な問題意識への対応
話し方に自信がなく、コミュニケーションが苦手な中学生に焦点を当てています。声が小さい、どもる、言葉に詰まるなどの問題を抱える中学生に対する明確な理解があります。

コミュニケーション能力の向上への期待
話し方や発声の向上を通じて、コミュニケーション能力が向上することを強調。具体的な例として友達ができる、給食の時間が楽しくなる、言いたいことが言えるようになるなど、中学生の日常に密着した効果が期待されます。

心理学的根拠の言及
米国の心理学者アルバート・メラビアンの研究結果を引用し「コミュニケーション(話し方)は対人関係に大きな影響を与え、印象の約4割が声で決まる」と述べています。このような心理学的な根拠を示すことによって、話し方の重要性を認識させています。

具体的な効果に焦点
レッスンを受けることで期待される具体的な効果を挙げており、それが中学生の生活にどのようにポジティブな変化をもたらすかを明確に伝えています。例えば友達ができたり、学校が楽しくなったりすることで、中学生が自信を持つ手助けとなります。

専門的な講師陣
オンラインコミュニケーション教室ボイスアカデミーでは、子どものコミュニケーション発声指導を専門とする講師が担当。主任研究員は、社団法人 日本発声協会認定1級ボイストレーナーであり、子ども専門のコミュニケーション発声指導者としての経験あり。これが中学生の特有ニーズへ、適切に対応できるものと期待されます。

子供の笑顔への願い
記事の終わりでは子どもたちが自然な笑顔を取り戻し、コミュニケーションに自信を持ってほしいという熱いメッセージがあります。このような願いがあることで、ボイスアカデミーの教育への真摯な取り組みが伝わります。

tana

これらの要素から「ボイスアカデミー」は、中学生のオンラインコミュニケーション教室としておすすめできると言えます。

✅ 詳細:ボイスアカデミー

 

③スタートアップJr.

③スタートアップJr.出典:スタートアップJr.

おもな特長
(おすすめ度)
起業家精神やビジネススキルを学ぶ。
3.0
身に付きやすい
コミュニケーション能力
チームワークやビジネスのアイディアを共有する能力。
おすすめの中学生リーダーシップや起業家精神を養いたい中学生。

「スタートアップJr.」が中学生のオンラインコミュニケーション教室として

おすすめできる根拠は以下の点です。

多彩な講座テーマ
オンラインコミュニケーション教室「スタートアップJr.」は、プレゼンテーションやロジカルシンキングをはじめとする多彩な講座を提供。これにより中学生が興味を持ちやすいトピックから学ぶことができ、自分の関心や将来の職業に合わせて学びを深めることができます。

柔軟な学習スタイル
オンラインLive講座とアーカイブ動画視聴の両方が提供され、学校生活や習い事に合わせて参加できる柔軟性があります。参加スタイルを自由にセレクトでき、生活スケジュールに合わせた学びが可能です。

幅広い技能と知識の網羅
コミュニケーション能力をはじめ経済、論理的な考え方、プレゼンテーション、コミュニケーションの育成、多様性への理解、健康、ビジネス知識など、中学生が成長する上で必要な様々なスキルや知識を網羅的に学べます。

具体的な学びの対象
中学生が直面する現実的な課題や、技能向上が講座の中心にあります。例えば社会課題についての理解、インターネットとSNSの知識、プレゼンテーションのスキル向上など実用的な学びが提供されています。

社会での活用を強調
講座は「社会で活きる」学びを重視しており、学校生活や習い事にも役立つ技能やコミュニケーション力を伸ばすことができるようになっています。このアプローチは中学生の日常生活に直結しているため、学びを実践に活かしやすいといえます。

柔軟な参加形態と受講料の魅力
毎週水曜日と土曜日にオンライン講座が受け放題で、アーカイブ動画視聴のみの参加も可能。これにより中学生は好きな講座を自由に予約でき、学びを自分のペースで進めることが可能。また、オンラインでコミュニケーション能力が身につくというメリットも強調されています。

tana

これらの要素から「スタートアップJr.」は、中学生のオンラインコミュニケーション教室としておすすめできると言えます。

✅ 詳細:スタートアップJr.

 

④ことばキャンプ

④ことばキャンプ出典:ことばキャンプ

おもな特長
(おすすめ度)
聞く力や発想力を伸ばすコミュニケーショントレーニング。
4.0
身に付きやすい
コミュニケーション能力
良い質問を通じて相手の意見を引き出す能力。
おすすめの中学生コミュニケーション能力を向上させたい中学生。

「ことばキャンプ」が中学生のオンラインコミュニケーション教室として

おすすめできる根拠は以下の点です。

7つのチカラをトレーニング
オンラインコミュニケーション教室ことばキャンプは「度胸力・論理力・理解力・応答力・語彙力・説得力・プレゼン力」の7つのチカラに焦点を当て、これらをバランスよくトレーニング。これにより、中学生は総合的なコミュニケーション技能を身につけることが期待できます。

現代のコミュニケーション能力の重要性
現代ではコミュニケーション能力が非常に重要視されており、企業の採用においても大きな選考要素となっています。ことばキャンプは、この社会的要請に応えるためのスキルを磨くプログラムを提供しています。

自己肯定感の向上
ことばキャンプの創業者による研究によれば、言葉力の向上は安定した自己肯定感をもたらすとされています。コミュニケーションを通じて相手と自分の考えを理解し合う経験が、中学生の自己肯定感を高める手助けとなります。

現代の教育課題への対応
公教育が「手が挙げられない」ことを十分に問題視しておらず、個人の性格や能力として見ている中、ことばキャンプは練習で身につけられる技能としてコミュニケーション力を提供。これは将来の学習や職業において非常に役立つスキルです。

家庭との連携とサポート
ことばキャンプはオンライン教室だけでなく、家庭との連携も重視。親子で共に取り組むことで中学生の言葉力向上に寄与し、また保護者向け講座を通じて効果的なサポートを提供しています。

柔軟な学習環境
中高生クラスでは、オンライン教室も含めて柔軟な対応があります。ディスカッションやブレーンストーミングを通じて自己表現の機会を提供し、資料の読解力やプレゼンテーション技能を鍛えることができます。

具体的な課題へのアプローチ
子どもの悩みや課題にも焦点を当て、学校での意見表明の難しさや友達とのトラブルへの対処法を具体的にアプローチ。また家庭でできることやできないことを理解し、その上で学習環境を整えるサポートも提供されています。

無料体験期間とフィードバック
オンラインコミュニケーション教室「ことばキャンプ」は無料体験期間を提供し、その後にインストラクターからフィードバックを得られる仕組みあり。これにより保護者は子どもの成長をリアルタイムで確認し、家庭でのサポートに活かすことができます。

tana

これらの要素から「ことばキャンプ」は、中学生のオンラインコミュニケーション教室としておすすめできると言えます。

✅ 詳細:ことばキャンプ

 

⑤江戸塾

⑤江戸塾出典:江戸塾

おもな特長
(おすすめ度)
幅広いコミュニケーション能力や常識力のトレーニング。
3.0
身に付きやすい
コミュニケーション能力
会話の適切な判断や相手の意図を理解する能力。
おすすめの中学生総合的なコミュニケーションスキルを養いたい中学生。

「江戸塾」が中学生のオンラインコミュニケーション教室として

おすすめできる根拠は以下の点です。

トータルなコミュニケーション力トレーニング
オンラインコミュニケーション教室「江戸塾」は中学生を含む幅広い年齢層に対してコミュニケーション、話し方、常識力のトレーニングを提供。これにより単なる話し方だけでなく、総合的なコミュニケーション技能向上を期待できます。

地域に合わせた柔軟な授業形態
大阪や京都では対面授業が行われていますが、オンライン授業も提供。これにより中学生は自宅からもアクセスし、柔軟な学習環境を享受できます。

総合的な力の養成
江戸塾では「話す」だけでなく「国文法」「聴く力」「作文力・文章作成力」「常識力」など、コミュニケーションに不可欠な総合的な力を養成。これは中学生にとって将来的な学習や、社交性へ大いに役立つスキルです。

独自の教育理念
学力だけでなく「人間力×学力=成長」を掲げ、全国で初めて人間力教育と学力教育を総合的に展開している学習塾であることが挙げられます。これにより単なる知識の習得だけでなく、豊かな人間性の向上も重視されています。

オンラインでも成果が期待できる
オンライン授業でも「こどもコミュニケーション力や話し方のレベルを上げることは十分可能」とされており、物理的な制約にとらわれない柔軟な学習が可能。これは特にオンラインコミュニケーション教室として重要なポイントです。

潜在能力の引き出し
オンラインコミュニケーション教室「江戸塾」はお子様の潜在性を引き出すことを目指しており、コミュニケーション力、話し方、常識力、学力などをバランスよく伸ばすのが特徴。これにより中学生がもつ可能性を、最大限に引き出すサポートが提供されます。

無料体験授業とカウンセリング
学力やコミュニケーション力に不安を抱える保護者に対しては、無料体験授業とカウンセリングが用意されています。これにより実際の授業や教育方針を知ることができ、安心して受講を検討できます。

tana

これらの要素から「江戸塾」は、中学生のオンラインコミュニケーション教室としておすすめできると言えます。

✅ 詳細:江戸塾

 

⑥マナカル

⑥マナカル出典:マナカル

おもな特長
(おすすめ度)
リベラルアーツに基づく人間力の育成とコミュニケーション強化。
4.0
身に付きやすい
コミュニケーション能力
知識と倫理を融合させ、多様な人とのコミュニケーション能力。
おすすめの中学生幅広い視野とコミュニケーション技能を養いたい中学生。

「マナカル」が中学生のオンラインコミュニケーション教室として

おすすめできる根拠は以下の点です。

リベラルアーツの考え方に基づく総合的な教育
オンラインコミュニケーション教室「マナカル」はリベラルアーツの考え方を基に、基礎的な能力を強化し、グローバル社会で力強く生き抜く力を養う教育を提供。これは単なる話し方オンライン教室とは異なり、人間の基本的なスキル全般を包括的にカバーしています。

英語だけでなく「自ら考える力」と「その考えを伝える力」を重視
中学校での英語必修科目に対応しつつも「自ら考える力」と「その考えを伝える力」を重視。単なる言語技能だけでなく、問題解決や他者とのコミュニケーションにおいても優れた技能を養うことができます。

答えのない問題に対処する力を育む
学校の専門分野だけでなく、生活の中で答えのない問題に対処する力を養成。これにより現実の課題に対処する柔軟性と、自己成長への意欲が生まれることを期待できます。

最先端の教育に対応する次世代の子どもを育む
2020年教育改革に対応し、次世代の子どもを育てるための最先端の教育を提供。コミュニケーション力と論理思考力を重視し、これらの力が備わることで学習やスポーツなど、あらゆる活動が向上する好循環を目指しています。

広範な対象年齢に対応
幼児から中学生まで、広範な対象年齢に対応。低年齢から始めるほど効果アップが見込めますが、中学生でも継続的に利用することで着実に効果を上げることが期待できます。

継続的な学習効果の確保
週1回の授業を実施することで、習ったことを忘れずに学習効果アップ。また定期的な習い事としてライフサイクルに組み込むことで利用を習慣化し、持続可能な学習効果を確保します。

コミュトレトレーニングの画期的なアプローチ
「コミュトレ」トレーニングでは話すことへの抵抗をなくし、ポジティブな脳に変えるため成功体験を繰り返し刷り込んでいます。これにより話すことが楽しいと感じ、コミュニケーション技能の大幅なアップが期待できます。

多様なトレーニング内容
発声練習や音読トレーニング、論証トレーニング、聴き力トレーニングなど、幅広いトピックにわたるトレーニングを提供。これによりコミュニケーションに必要なスキルを、バランスよく身につけることが期待できます。

月ごとのコミュトレ検定
毎月の検定を通じて身につけた実力を評価し、子どものモチベーションアップに寄与。検定合格により級が上がる仕組みがあり、目標達成感や成長を実感できます。

プライマリディベートやグループディスカッションを通じた実践的なトレーニング
ディベートやディスカッションを通じて、賛成派と反対派に分かれて話し合うことで理解力や協調性、社交性を養成。これらの実践的なトレーニングは、将来の社会生活に役立ちます。

tana

以上の根拠から「マナカル」は、中学生のオンラインコミュニケーション教室としておすすめできると言えます。

✅ 詳細:マナカル

 

⑦こどもビジネススキル

⑦こどもビジネススキル出典:こどもビジネススキル

おもな特長
(おすすめ度)
ビジネススキル全般を学び、実践的な力を養うプログラム。
3.0
身に付きやすい
コミュニケーション能力
プレゼンテーションやディベートを通じて相手を説得する能力。
おすすめの中学生ビジネス技能を身につけ、将来の社会で活躍したい中学生。

「こどもビジネススキル」が中学生のオンラインコミュニケーション教室として

おすすめできる根拠は以下の点です。

4つの力を学ぶ独自の教育プログラム
オンラインコミュニケーション教室「こどもビジネススキル」は伝える力、聴く力、考える力、実現する力の4つの技能を重視した独自の教育プログラムを提供。これにより中学生が将来のビジネスパーソンとして、必要なスキルを総合的に身につけることが期待できます。

将来のビジネスパーソンに必要なスキルの習得
将来、ほとんどの子供たちがビジネスパーソンになる可能性があるため、子供のうちからビジネス技能を学び、練習することが必要であるとの認識があります。このプログラムを通じて、ビジネスにおける基本的な技能を効果的に習得できます。

新学習指導要領への対応
新学習指導要領で求められる「思考力、判断力、表現力」を育むためには、とくにこのプログラムが適しています。これにより高校受験にも備えつつ、将来の社会で必要とされる力を養えます。

対象年齢ごとの適切なプログラム構成
初級編、中級編、上級編、応用編の4つのレベルに分かれ、各レベルで対象年齢に応じたスキルを学ぶことが可能。このような段階的な構成により、子供たちは年齢に合った内容を効果的に学ぶことができます。

具体的なスキルのトレーニング
各レベルで具体的な技能がトレーニングされており、例えば伝える力では見た目や話し方、聴く力では質問の仕方や要約、考える力ではロジカルシンキングや多様性の理解、実現する力では目標の設定や計画の策定などが学ばれます。

プレゼンテーションスキルやプロジェクトマネジメントスキルの重視
中級編では特にプレゼンテーション技能に焦点を当て、プロジェクトマネジメント技能も学びます。これによりリーダーシップや協力力を伸ばし、実践的な技能を養えます。

現実の課題解決への挑戦
上級編では学んだ技能を用いて、現実の課題解決へむけた取り組み。ロールプレイやケーススタディを通じて、身の回りの課題に対して主体的に取り組む力を育成しています。

応用編での実技形式のスキル向上
応用編ではディベートやビジネスプランの作成、世界情勢への理解などを通じて、実際のビジネス状況に対処する技能を養成。これにより理論だけでなく実践的なビジネススキルを磨けます。

tana

以上の点から「こどもビジネススキル」は、中学生のオンラインコミュニケーション教室としておすすめできると言えます。

✅ 詳細:こどもビジネススキル

 

中学生へオンラインコミュニケーション教室を選ぶポイント

中学生へオンラインコミュニケーション教室を選ぶポイント

中学生向けのオンラインコミュニケーション教室を選ぶ際に重要なポイントは、

以下の点に留意することが挙げられます。

カリキュラムのバリエーション

中学生は、多岐にわたるコミュニケーション技能を必要とします。

言語能力、プレゼンテーション、ディベート、プロジェクトマネジメントなど、総合的なスキルを育むオンラインカリキュラムのある教室が望ましいです。

中学生向けのオンラインコミュニケーション教室は、これら要素を包括的に提供するかを確認しましょう。

専門性の強化

中学生の発達段階に合わせて、言語能力やコミュニケーション技能を伸ばす専門的なプログラムがあると良いです。

例えば、ボイスアカデミーのように声のトレーニングに特化したオンライン教室や、こどもビジネススキルのように将来のキャリアに役立つ技能を重視したものが該当します。

実践的な要素の充実

中学生は学んだことを実践することで理解を深めます。

オンラインコミュニケーション教室が実際のケーススタディやディベート、プレゼンテーションの機会を提供しているかを確認し、実践的な経験を得られる場があるかどうかを考慮しましょう。

新しい学びの形

オンライン環境での学びは、中学生にとって新しい経験。そのため、オンラインでのコミュニケーションスキルを身につけるプログラムであることが望ましいです。

例えば、スタートアップJr.のようにビジネス技能をオンラインで学びながら、新しい学びの形にも慣れていくことができる場合もあります。

保護者サポート

中学生は保護者のサポートが欠かせません。

オンラインコミュニケーション教室が保護者向けの情報提供や進捗報告を行っているかどうかを確認し、連携がとれる環境であることが重要です。

柔軟なスケジュール

中学生は学業や習い事が多忙なため、柔軟なスケジュールがあるかどうかが重要。

月に4回程度の授業回数や、週に1回の受講が可能なオンラインコミュニケーション教室が好ましいかと私は思います。

tana

これらのポイントを考慮することで、中学生がオンラインコミュニケーション教室で効果的に学び、技能を向上させることが期待できます。

 

どんな中学生にオンラインコミュニケーション教室はおすすめ?

どんな中学生にオンラインコミュニケーション教室はおすすめ?

オンラインコミュニケーション教室は、さまざまな中学生におすすめ。以下にいくつかの中学生における実例と、それに対するおすすめの根拠を示します。

内向的な性格の中学生

実例
中学生がコミュニケーションに苦手意識を持ち、人前で話すことや他者との円滑な対話が難しい場合。

おすすめの根拠
オンラインコミュニケーション教室はリラックスした環境で学べるため、プレッシャーが少なく自分のペースで技能を向上できます。また個別指導や少人数制のクラスがある場合、個人のニーズに合わせたサポートが期待できます。

多忙なスケジュールを抱える中学生

実例
学業や習い事が忙しく、通学時間や制約のあるリアル教室へ通うのが難しい中学生。

おすすめの根拠
オンラインコミュニケーション教室は自宅から参加可能で、柔軟なスケジュールで授業を受けることができます。これにより、忙しい生活に合わせて効果的に学ぶことができます。

将来のビジネスリーダーを目指す中学生

実例
中学生が将来のビジネスやリーダーシップの分野で技能を高め、プレゼンテーション能力やプロジェクトマネジメントスキルを身につけたい場合。

おすすめの根拠
オンラインコミュニケーション教室こどもビジネススキルのようなプログラムは、将来のビジネスで必要とされるコミュニケーション技能やリーダーシップ技能を育むため、中学生が将来のビジネスリーダーを目指す上で有益です。

特定のスキルを伸ばしたい中学生

実例
中学生が特定スキル(プレゼンテーション、ディベート、言語技能等)を伸ばしたいと考えている場合。

おすすめの根拠
各オンラインコミュニケーション教室は、特定の技能に焦点を当てたプログラムを提供。例えばオンラインコミュニケーション教室ボイスアカデミーは声のトレーニングに特化し、その技能を高めるサポートを提供します。

国際的な交流を望む中学生

実例
中学生が異文化交流や言語スキル向上を通じて、国際的なコミュニケーションを築きたい場合。

おすすめの根拠
オンラインコミュニケーション教室では、地理的な制約を超えて国際的なクラスやプログラムに参加できる場合もあり。異なる文化出身の仲間と交流し、言語技能や異文化理解を深めることができます。

アウトプット力を高めたい中学生

実例
中学生が自分の考えやアイディアを効果的に表現し、アウトプット力を高めたい場合。

おすすめの根拠
オンラインコミュニケーション教室スタートアップJr.をはじめこどもビジネススキルなど、プレゼンテーションやディベート技能を強化するプログラムは中学生が自己表現力を向上させるのに適しています。これにより、将来的な学習やキャリアにおいても優れたアウトプット力を発揮できます。

自己表現力を高めたい中学生

実例
中学生が自分の意見をしっかりと主張し、自己表現力を向上させたい場合。

おすすめの根拠
オンラインコミュニケーション教室芦屋話し方教室など個別指導に焦点を当てたプログラムは、中学生が自分の声をはっきりと伝え、自己表現力を向上させるのに適しています。教師との一対一のセッションがあることで、生徒の個々の強みや課題に効果的に対応できます。

tana

これらの実例とおすすめの根拠を踏まえると、オンラインコミュニケーション教室は個々の中学生に合わせた柔軟なサポートが可能であり、異なるニーズに対応する良い手段となります。

 

オンラインコミュニケーション教室で学べる内容と効果

オンラインコミュニケーション教室で学べる内容と効果

オンラインコミュニケーション教室は、中学生にとって幅広いスキルと効果を提供します。

以下に、各家庭が理解しやすいように中学生に焦点を当て、

具体的な内容と効果を詳しく掘り下げてみましょう。

プレゼンテーションスキルの向上

内容
オンラインコミュニケーション教室では、中学生はプレゼンテーション技能を磨く機会が得られます。具体的な発表やディベートのトレーニングを通じて自分の意見を明確に伝え、他者を説得する力を養います。

効果
中学生がプレゼンテーション技能を向上させることで、将来的な学業や職場での発表に自信を持ち、リーダーシップの発揮が期待できます。

コミュニケーション力の強化

内容
オンラインコミュニケーション教室では、中学生は異なるバックグラウンドを持つ仲間との交流を通じてコミュニケーション力を高めます。ディスカッションやグループプロジェクトを通して、協力し合いながら意見を交換します。

効果
中学生が異なる意見や文化に触れることで柔軟性や対話力が向上し、多様な環境でのコミュニケーションがスムーズになります。

ロジカルシンキングの養成

内容
オンラインコミュニケーション教室では、中学生はロジカルシンキングを養うためのトレーニングを行います。課題解決や論理的な議論を通して、問題解決能力や論理的思考を発展させます。

効果
中学生がロジカルシンキングを身につけることで、学業や日常生活での問題に対処する能力が向上し、冷静な判断力が身につきます。

語学スキルの向上

内容
オンラインコミュニケーション教室では、中学生は他の言語を学ぶ機会が提供されます。異なる文化における生徒との交流を通じて、英会話やほかの言語技能を向上させます。

効果
中学生が語学スキルを向上させることで、将来的な国際的な環境でのコミュニケーションが円滑になり、異文化理解が深まります。

tana

オンラインコミュニケーション教室は中学生に幅広い技能を提供し、プレゼンテーションスキル、コミュニケーション力、ロジカルシンキング、語学技能を伸ばすことができます。

これにより中学生は将来の学業や職場でのリーダーシップを発揮でき、多様な環境で柔軟かつ冷静なコミュニケーションが可能となります。

 

オンラインコミュニケーション教室で解消される中学生の悩み

オンラインコミュニケーション教室で解消される中学生の悩み

オンラインコミュニケーション教室の利用により、中学生が抱える一般的な悩みを

解消できる点を以下に挙げ、それぞれの悩みに対する具体的な解決策と根拠について

くわしく解説します。

自己表現の不安

中学生はクラスやグループでの発言やプレゼンテーションに不安を感じ、自己表現が苦手な場合も。

オンラインコミュニケーション教室では、プレゼンテーションやディベートなどの技能を伸ばす機会が大幅に増えます。例えばオンラインコミュニケーション教室こどもビジネススキルでは、伝える力や考える力の向上が図られ、これにより中学生は自分の意見を自信を持って表現できるようになります。

新しい友達とのコミュニケーションの難しさ

中学生は新しい環境や学校での友達作りが難しく、コミュニケーション技能の向上が期待されます。

オンラインコミュニケーション教室では、異なる地域や文化背景から来た仲間との交流が可能。例えばオンラインコミュニケーション教室ボイスアカデミーなどの教室では言語や声のトレーニングを通じて、仲間とのコミュニケーションスキルが向上し、新しい友達ができやすくなります。

リモート学習におけるモチベーションの低下

中学生はリモート学習での単調さやモチベーション低下が課題で、効果的な学習環境を求める場合も。

オンラインコミュニケーション教室では、仲間との協力や様々なアクティビティを通じて学ぶことができ、成果を共有することでモチベーション向上へつながりやすくなります。

例えばオンラインコミュニケーション教室スタートアップJr.マナカルなどの教室では、プロジェクトや課題解決において協力し合うことで、単調さのない学習環境が提供されます。

tana

これらのオンラインコミュニケーション教室は中学生が抱える一般的な悩みに焦点を当て、その悩みを解消するための具体的なアプローチを提供。

中学生が自己表現能力を高め、新しい友達との交流を増やし、モチベーションを維持する上でオンラインコミュニケーション教室は極めて有益な手段となります。

 

コミュニケーション苦手な中学生に最適「オンライン学習」

コミュニケーション苦手な中学生に最適なオンライン学習とは?

中学生でコミュニケーションが苦手な場合、

とくに通信教育(デジタルスタイル・マンツーマンスタイル)がそれぞれ

オンラインで学べ適していると私は思います。

デジタルスタイル

デジタルスタイル

おもなメリット
  • 自分のペースで進められるため、他の生徒と比較せずに焦らず学習できる。
  • 集団の中で目立つことなく、自分の学習スタイルに合わせて進められる。
  • オンラインでのやり取りが主体なので、対面のコミュニケーションのハードルが低く、ストレスなく学習できる。

tana

デジタルスタイルの通信教育はオンラインでコースを進めるため、中学生が自分のペースで学び、他の生徒と比較せずに焦らず進めるメリットがあります。

個別の進捗管理が可能であり、集団の中で目立つことなく、安心感を得ながら学ぶことが可能。

またオンラインでのやり取りが主体なので、顔を合わせない分コミュニケーションのハードルが低く、コミュニケーションが苦手な中学生にとってストレスなく学べる点が利点です。

マンツーマンスタイル(1対1の個別指導)

マンツーマンスタイル(1対1の個別指導)

おもなメリット
  • 専属の講師が一対一で対応するため、生徒が抱える個別のコミュニケーションの課題に焦点を当て、効果的にアプローチできる。
  • 講師とのやり取りで緊張せず、質問しやすく、具体的なフィードバックを受けることで自信をつけられる。
  • 個別対応なので、中学生が自分のペースで進めながらも、コミュニケーションの基礎をしっかり身につけることが可能。

tana

一方で、マンツーマンスタイルの通信教育は専属講師が一対一で対応するため、中学生が抱える個別のコミュニケーションの課題に焦点を当て効果的にアプローチできます。

生徒は先生とのやり取りで緊張せず質問しやすく、具体的なフィードバックを受けることで、自信をつけることが期待できます。中学生が自分のペースで進めることで、コミュニケーションの基礎をしっかりと身につけることが可能です。

こちらで私が厳選した「おすすめの通信教育」をピックアップしています。

参考までにぜひご覧ください。デジタル・マンツーマンいずれのスタイル

も掲載しています。

元塾講師推奨!中学生が5教科を学べる通信教育おすすめランキング

元塾講師推奨!中学生が5教科を学べる通信教育おすすめランキング
中学生向けの5教科通信教育プログラムのおすすめランキングを元塾講師が紹介!質の高いカリキュラムと個別カスタマイズで学習効果を最大化。中学生の成績向上と学習の充実に役立つ情報をチェック!

 

まとめ

tana

この記事では「中学生がオンラインで学べるコミュニケーション教室ベスト7選」を紹介し、また中学生が抱える様々なコミュニケーションの課題に焦点を当てました。

友達や先生との円滑なコミュニケーションは中学生の重要なスキルですが、その中で悩むことも少なくありません。記事ではオンラインコミュニケーション教室を通じて、中学生が直面する悩みにどのように向き合い、解決へと導くかを詳しく解説しました。

これらのオンライン教室を利用することで、中学生は自分のペースでコミュニケーション技能を向上させ、将来に備えた学びを得ることが大きく期待できます。