※当サイトでは一部「PR」を含みます。

【元塾講師推奨】中学生向けオンラインフリースクールおすすめ12選

中学生向けオンラインフリースクールおすすめ12選

tana

こんにちは、元塾講師のTanaです。

今回は「中学生向けにおすすめのオンラインフリースクールが知りたい」という疑問に応えます。

中学生の学びにおいて、適切な学習環境を見つけることは極めて重要。

この記事では、中学生向けにおすすめの12のオンラインフリースクールを詳しく紹介。

中学生が直面するさまざまな悩み、たとえば通学の制約、個別の学習ペースに対する

ニーズ、地理的な制約を解消するために、これらのオンラインフリースクールがどの

ようにサポートできるかを根拠とともに解説します。

おすすめのオンラインフリースクールは、それぞれが優れたカリキュラムや柔軟な学習スケジュールを提供し、中学生が自分のペースで学び将来に向け着実なスキルを築くための理想的な場です。

子供と保護者の悩みを解消し、質の高い学習環境を得るための選択肢としてぜひご検討ください。

  1. 中学生向けオンラインフリースクールおすすめ12選
    1. おすすめ①NPO法人 かなで学園
    2. おすすめ②WIALIS(ウィアリス)
    3. おすすめ③フリースクールSHINGAKU
    4. おすすめ④クラスジャパン小中学園
    5. おすすめ⑤NIJINアカデミー
    6. おすすめ⑥SOZOWスクール
    7. おすすめ⑦Branch
    8. おすすめ⑧まなれぼ
    9. おすすめ⑨こころカンパニー
    10. おすすめ⑩clulu(クルル)
    11. おすすめ⑪オルタナティブスクール
    12. おすすめ⑫飛鳥未来中等部・初等部
  2. オンラインフリースクールを利用する中学生におすすめ勉強方法
    1. フリースクール&通信教育の融合型「すらら」(デジタル教材)
    2. デジタル学習に弱い子供におすすめ「ポピー中学生」(紙教材)
    3. 月1回でも学べる「オンライン家庭教師 e-Live」(マンツーマン指導)
  3. オンラインフリースクールを選ぶ(比較する)ときのポイント
  4. オンラインフリースクールで中学生が学べる内容
  5. 中学生をオンラインフリースクールに通わせた場合の進学先
  6. オンラインフリースクールが有効となる中学生および場面
    1. オンラインフリースクールが有効となる中学生とは?
    2. オンラインフリースクールが有効となる場面とは?
  7. オンラインフリースクールのメリット・デメリット
    1. オンラインフリースクールのメリット
    2. オンラインフリースクールのデメリット
  8. まとめ

中学生向けオンラインフリースクールおすすめ12選

中学生向けオンラインフリースクールおすすめ12選

中学生向けのオンラインフリースクールを選ぶ際は、子供の個別ニーズや柔軟な学習環境の提供が重要。

以下は、評価や家庭のフィードバックに基づき、おすすめのフリースクール12校を選定しました。

これらのフリースクール選定(おすすめ)基準はカリキュラムの質、教育プラットフォームの使いやすさ、教員の経験、生徒へのサポート、進学先との連携など多岐にわたります。

おすすめ①NPO法人 かなで学園

おすすめ①NPO法人 かなで学園

「NPO法人 かなで学園」は中学生向けの在宅型オンラインフリースクールで、特定の出席制約のない自宅学習に適した環境を提供。以下は、なぜ中学生におすすめなのかに関する要点とその根拠です。

  • 自宅でのサポート体制
    インターネット環境の進化により、生徒と保護者は自宅から専門カウンセラーとオンラインで密なやり取りが可能。これにより中学生の不登校や学びに関する不安へ、迅速かつ具体的なサポートが提供されます。
  • 出席日数としての認識
    フリースクールかなで学園は在籍中の小学校・中学校と連携し、生徒が学んだ内容を出席日数として認識。これにより、通学制約を受けつつも柔軟に学びを進めることが可能です。
  • オンライン個別サポート
    インターネット接続を通じ、スマートフォンやパソコンを利用して中学生に対し個別サポートが提供されます。これは通学が苦手な中学生や対人的な障壁がある子供にとって、心地よい学習環境を作り出す助けとなります。
  • 通信制高校への提携
    フリースクールかなで学園は、通信制キャンパス「WEBスクール」と提携。これにより中学卒業後も学びの継続が可能であり、将来的な進学に不安を抱える中学生や保護者に対して安心感を提供しています。
  • 不登校に対する専門的なサポート
    このフリースクールは、ひきこもり支援相談士資格を持つ担任カウンセラーが在籍。不登校やひきこもりに特化した専門的なサポートを通じて、生徒や保護者に必要な心理的な支えを提供しています。
  • オンラインデイケアコミュニティ
    オンラインの「デイケア」では生徒同士がスカイプを通じて交流し、コミュニケーションや社会的なつながりを築く機会が提供されます。これにより、不登校になることで失われがちな社交性やコミュニケーションスキルの向上が期待されます。

これらの特徴が「NPO法人 かなで学園」を中学生向けのオンラインフリースクールと

しておすすめにする根拠。これらフリースクールの各特徴が、中学生が直面する様々な課題に対して効果的なサポートを提供しています。

→ このフリースクールにおける詳細はこちら

 

おすすめ②WIALIS(ウィアリス)

おすすめ②WIALIS(ウィアリス)

WIALIS(ウィアリス)は、不登校の中学生向けのオンラインスクールであり、以下に示すポイントが中学生におすすめの理由となります。

  • バーチャルキャンパスによる学習環境の提供
    フリースクールWIALISは3Dのバーチャルキャンパスを通じて、教育現場を再現した環境を提供。中学生はオンライン上で「登校」の習慣を身につけ、ほかの生徒と交流することでリアルな学校の雰囲気を感じることができます。またバーチャルキャンパスは学校復帰や通信制高校への移行など、将来のスムーズな進路にも寄与します。
  • 在籍校との連携/進路サポート
    出席扱いは在籍校の校長先生の裁量で決定されるため、フリースクールWIALISは在籍校との連携をサポート。進路に関するサポートでは通信制高校を含む様々な選択肢を提示し、中学生個々のニーズに合わせた進路検討を行っています。
  • 支援経験豊富なスタッフによる学習サポート
    フリースクールWIALISでは専門知識を持ったスタッフ(サポートクルー)が、日々の学習状況を確認し学習指導を実施。学力に不安があるだけでなく、学習に興味が持てない中学生も安心して学ぶことができるフリースクールです。
  • ICT教材を活用したオンライン学習
    フリースクールWIALISは文部科学省の通知に基づき、「ICT教材」を使ったオンライン学習を提供。学習計画とバーチャルキャンパスを組み合わせ、新感覚の登校学習方法を実現しています。学校との連携を強化し、在宅学習のサポートを行っています。
  • バーチャルキャンパスの特徴
    中学生はバーチャル上のアバターを自由に動かし、同じ空間で他の生徒とコミュニケーションをとりながら学ぶことが可能なフリースクール。クラブ活動や同好会もあり、興味や趣味を深める場として進路につなげる取り組みが行われます。
  • 学習サポートの幅広い提供
    学習計画・進捗管理、興味のあることからの学習習慣づけ、基礎学習のサポートなど中学生一人ひとりの状態に合わせた学習サポートを提供。ICT教材としてはスタディプラスやスクールTV、スタディサプリが活用され、多様な学習ニーズに対応しています。
  • SC(サポートクルー)の役割
    フリースクールのSCは中学生の活動や学習をサポートし、一日の活動内容確認や必要に応じた個別指導を実施。定期面談や体験活動・クラブ活動を通じて、生徒のやる気を引き出し信頼関係を築いています。

フリースクールWIALISはこれらの要素を組み合わせ、不登校の中学生に対して

充実した学習環境と将来へのサポートを提供しています。

→ このフリースクールにおける詳細はこちら

 

おすすめ③フリースクールSHINGAKU

おすすめ③フリースクールSHINGAKU

SHINGAKUオンラインフリースクールは、以下に示すポイントが中学生におすすめな理由となります。

  • 不登校の子どもが多数在籍
    フリースクールSHINGAKUは不登校の中学生が多数在籍しており、その背景からくるニーズに合わせたサポートを提供しています。
  • 自宅にいながら出席扱いを受けられる
    オンラインフリースクールとして、自宅にいながら出席扱いを受けることが可能。これは文科省が定める不登校支援に関する制度を活用したもので、学校への復帰を目指す中学生に適しています。
  • 無学年式教材を採用
    5科目中心学習を採用し、中学生のペースに合わせた学習が可能。個別指導も毎週行われ、コーチが中学生の学習をサポートします。
  • 月〜金開校のメタバース教室
    フリースクールのオンライン教室は月曜から金曜の9:30〜18:00に開校しており、日中における子供の様子も確認できます。カメラオフやチャットのみなど、中学生に合ったスタイルで参加が可能です。
  • 学びのコンテンツ
    このフリースクールでは、5科目の学習をICT教材「すらら」を活用してサポート。メタバース教室では元学校の教師や、塾の教室長が学習をサポートしています。またゲームで遊ぶ時間も設け、マインクラフトやフォートナイトなどを通じて楽しく学ぶ環境を提供。クリエイティブな活動やソーシャル活動を通じて、新しいものを創る力やコミュニケーション力を養っています。
  • 年間行事の充実
    オンライン遠足、オンライン運動会、オンラインクリスマス会など様々な年間行事が用意され、中学生はコミュニケーションを取りながら楽しく学ぶことができるフリースクールです。
  • 出席扱い制度の申請支援を無料でサポート
    フリースクールSHINGAKUでは出席扱い制度の申請をサポートし、これにより出席日数や内申点の向上が期待できます。また、学校への復帰や進学に関するサポートも提供されています。

フリースクールSHINGAKUはこれらの特徴を通じて、不登校の中学生に対して柔軟で

個別化されたサポートを提供し、学びの楽しさを引き出す環境を提供しています。

→ このフリースクールにおける詳細はこちら

 

おすすめ④クラスジャパン小中学園

おすすめ④クラスジャパン小中学園

クラスジャパン小中学園はオンラインフリースクールとして2018年に開校し、中学生にとっておすすめの選択肢となっています。以下は、クラスジャパン小中学園の要点です。

  • 不登校でも出席扱いを目指せるオンラインフリースクール
    不登校の子どもが自分のペースで学べる環境を提供。ネットの先生が担任として伴走し、中学生が自分のペースで勉強できます。
  • 幅広い学習領域と部活動
    このフリースクールは、eスポーツ、プログラミング、イラストなど、得意を伸ばす部活動が豊富。オンライン上でホームルームや部活を通じて好きなことを見つけ、仲間を作ることができます。
  • 将来の進路への影響を考慮したサポート
    将来の進路選択で不利益にならないよう、社会的自立や参加を実現するための環境作りに注力しているフリースクールです。
  • ネット教材の柔軟性と選択肢
    複数のネット学習教材から、中学生の状況に合ったものを選択可能。無学年制であり、学習のペースや内容を柔軟に調整できるのがこのフリースクールにおける特徴です。
  • 出席扱い・成績評価のサポート
    このフリースクールでは月に一度、学習レポートを在籍学校に提出し、出席扱いや成績評価を目指すサポートを実施。保護者との連携を重視し、中学生の頑張りを学校に伝える仕組みを整備しています。
  • オンライン体験活動やネット部活
    世界各国をオンラインでつなぎ、現地のガイドとコミュニケーションを取りながら旅行する体験活動あり。ボードゲーム部、イラスト部、プログラミング部など、このフリースクールでは様々な部活動を通じて中学生の得意や好きを伸ばす場を提供しています。
  • ネットの先生によるサポート
    このフリースクールではチャットを通じた、日常的な対話や学習方法のアドバイスあり。学習や生活に関する様々な課題に対し、ネットの先生が良き相談者としてサポートを行っています。

クラスジャパン小中学園は柔軟な学習環境や多彩な部活動、将来の進路へのサポートなど、中学生が成長しやすい環境を提供。オンラインフリースクールならではの自由度とサポート体制が、中学生の学びを充実させる要素となっています。

→ このフリースクールにおける詳細はこちら

 

おすすめ⑤NIJINアカデミー

おすすめ⑤NIJINアカデミー

NIJINアカデミーは、不登校の小中学生を対象としたオンラインフリースクール。学びたくても学ぶ機会を失っている子どもたちに日本トップレベルの現役教師による授業を提供し、「学ぶ楽しさ」や「生きる喜び」を提供しています。以下に、NIJINアカデミーの特徴と中学生へのおすすめポイントを解説します。

  • オンライン学校としての利点
    フリースクールNIJINアカデミーでは全国から一流の現役教師が集結し、日本トップレベルの授業を提供。これにより中学生は、自宅から最高水準の教育を受けることができます。
  • 学校理念の根拠
    学校理念は「Be HAPPY, Do HAPPY」とあり、これは全ての子供に学ぶ楽しさと生きる喜びを提供することが大きな目標。これは学ぶことが楽しく、生活が喜びに満ちている状態を追求する姿勢を表しています。
  • ターゲット層への焦点
    学校が合わず、学びたくても学ぶ機会を失っている不登校の小中学生を対象。フリースクールNIJINアカデミーは学びたい気持ちや繋がりたい気持ちを持つ、すべての子供に対してオンライン学習の機会を提供しています。
  • 学びの選択肢としての位置づけ
    フリースクールNIJINアカデミーは既存学校に代わる「新しい学びの選択肢」と位置づけられており、子供一人ひとりのハッピーを約束。これは義務教育を最高に面白くすることで、中学生が自ら学ぶ意欲を引き出すことを目指しているものです。
  • 特徴的な教育体制
    フリースクールNIJINアカデミーでは「5人制学級」を採用し、個別のサポートが可能な環境を提供。これにより中学生一人ひとりの個性やがんばりを認め、より的確に価値付けることができます。
  • バーチャル校舎との連携
    フリースクールNIJINアカデミーはoViceと協業し、対話・交流がしやすい専用のバーチャル校舎を設立。これにより中学生は仮想の学習環境で、効果的なコミュニケーションが取れます。
  • 学び以外の機会の提供
    フリースクールNIJINアカデミーでは授業だけでなく、ホーム体育や休み時間、自習室、学園祭など様々な活動の機会を提供。これにより自分のペースで計画を立て、中学生が興味を持った活動に参加することができます。
  • イベントとの連携
    フリースクールNIJINアカデミーでは春の社会科見学や職業体験、夏の学園祭、秋のハロウィンパーティー、冬のクリスマスパーティーなど四季折々のイベントを企画。これにより楽しみながら、様々な経験を積むことができます。

総合的にいえばフリースクールNIJINアカデミーは学びの場だけでなく、豊かな経験や交流を通じて中学生たちが自らを発見し、自分らしく成長できる環境を提供。このアカデミーは新しい学びの機会を求める中学生たちに、豊かな未来を約束する場所となっています。

→ このフリースクールにおける詳細はこちら

 

おすすめ⑥SOZOWスクール

おすすめ⑥SOZOWスクール

SOZOWスクールは、小学4年生から中学3年生を対象にしたオンラインのフリースクールで、学校教育法に定められた学校ではなく在籍したまま所属できる特徴があります。このスクールは、中学生におすすめの理由として以下の要点が挙げられます。

  • 個性と好奇心を尊重した学びの自由度
    フリースクールSOZOWでは、「好き」から学ぶテーマを決めることが重視されています。中学生は自分の個性や好奇心に基づいて、学びたいことを選択することが可能。これにより学びのモチベーションが高まり、自己表現や興味の深い分野に集中できます。
  • 同じ好きを持つ仲間とのつながり
    全国から多様な中学生やスタッフが集まるため、「同じ好き」を持つ仲間とつながることが期待できます。これは、中学生が異なるバックグラウンドや興味を持つ仲間たちと交流し、異なる視点から学ぶ機会を提供します。
  • 柔軟なコース選択
    フリースクールSOZOWでは「自分探Q」「好き探Q」「未来探Q」といった3つのコースから選択可能。これにより中学生は、自分に合った学びの進め方や方針を見つけることができ、途中でコースを変更できる柔軟性もあります。
  • 多様な学びの機会
    フリースクールSOZOWでは、AI教材を活用した自己ペースの学び「探Q」や楽しいテーマで交流するライブ、5教科のAI教材を利用した学習、そして様々なイベントを提供。これにより中学生は、多角的な学びの機会を得られます。
  • プロの参加するイベント
    フリースクールSOZOWは発表会やプロLIVE、SOZOWフェスなど、プロ業界人が関わるイベントを提供。これにより、中学生は実際の仕事やクリエイティブな分野に触れ、将来の職業に対する理解を深めることができます。

総合的にいえば、フリースクールSOZOWは中学生に対して柔軟性のある学び環境を

提供し、個性や好奇心を尊重しつつ同志と交流できる場です。

このフリースクールにおける詳細はこちら

 

おすすめ⑦Branch

おすすめ⑦Branch

Branch(ブランチ)は、不登校や発達障害の中学生向けのオンラインフリースクールであり、その特徴は以下の要点にまとめられます。

  • 寄り添いと安心のサードプレイス
    不登校や発達障害の中学生と、その家族に寄り添い居場所を提供。安心できる大人が中学生を見守り、1対1のやり取りでやりたいことや好きなことが自由にできるフリースクールです。
  • 「好き」を通じたコミュニティ構築
    このフリースクールではマイクラ部イベントやおひろめ場など「好き」を共有する場を提供し、中学生同士や家庭同士をつなげます。「好き」なことを軸に、交流や部活動に参加できるコミュニティを構築しています。
  • Branchコミュニティ
    このフリースクールは学校外で友達ができる居場所であり、中学生が一人ひとりの「好き」なことを軸に認められるコミュニティ。Discordを活用し、子ども用と保護者用のコミュニケーションチャンネルがあります。
  • Branchメンターマッチング
    発達障害・不登校の中学生向けに「好きなことを伸ばすこと」に特化したメンターと、1対1でマッチング。ビデオチャットや訪問でのサービスを提供し、中学生が自分を受け入れてくれる大人とのつながりを育むことが期待できるフリースクールです。
  • 代官山Branch room
    東京・代官山にある教室では発達障害・不登校の中学生が1対1でスタッフと遊び、好きなことを追求できる環境を提供。このフリースクールはプログラム1回につき1.5時間で、中学生の「好き」を発見するための活動が行われます。
  • 月額2万円の支援対象となる調査協力
    Branch roomは東京都の「フリースクール等に通う不登校児童・生徒支援調査研究事業」に協力しており、月額2万円の調査協力金が支給される可能性があります。
  • 保護者コミュニティの特徴
    情報共有、質問・相談、保護者向けイベント参加などができ、同じ悩みを抱える保護者同士でサポートを実施。Branchオンラインフリースクール内の情報サイトで、日々の話題や情報を閲覧できます。
  • 広範な活動と対応可能なBranchメンター
    フリースクールBranchメンターは1対1のマッチングや柔軟なスケジュール調整が可能で、オンラインでの対応も行っています。プログラミング、ゲーム、YouTube制作など幅広い活動に対応し、中学生の好みやニーズに合わせた支援を提供しています。

Branchは「好き」を大切にし、中学生が自分自身を理解し、安心して成長できる

環境を提供しています。オンラインフリースクールとして、個別のニーズに応じた

サポートやコミュニティ構築が焦点となっています。

→ このフリースクールにおける詳細はこちら

 

おすすめ⑧まなれぼ

おすすめ⑧まなれぼ

「まなれぼ」は、中学生におすすめのオンラインフリースクール。以下にその要点を詳しく解説します。

  • 学校では学べない実践的な学び
    フリースクールまなれぼは、生きるために必要な実践的なスキルを提供。お金やSNS、ビジネス基礎、ネットリテラシーなど、学校では教えられないが重要なトピックに焦点を当てています。
  • 夢を応援する場所
    このフリースクールは夢を語り、夢に向けて全力で応援する場を提供。起業家、YouTuber、動画クリエイターなど中学生が自ら事業を展開する力を育成し、これからの時代を生き抜く力を養っています。
  • 得意を徹底的に伸ばす新しいスクール
    得意を徹底的に伸ばすことを重視し、中学生が新しい学びに気づくきっかけを提供。ビジネスや簿記、英語などの学習を通じて小さな成功体験を積み重ね、自己発信力を育てています。
  • 実践型学習の重要性
    フリースクールまなれぼではビジネスの学習を通してお金を稼ぎ、社会と繋がり自立する力を構築。自分の得意なことや好きなことを仕事にする力を育み、ネット社会に対応したコミュニケーション能力を学べます。
  • 多様な学習方法とコンテンツ
    このフリースクールではマンツーマン学習、グループワーク、実践型学習など、様々な学習方法を駆使しながら経営やコミュニケーションに必要なコンテンツを提供。簿記基礎、英語、ビジネス実践、個人事業主開業などが含まれます。
  • 柔軟で自由な学習環境
    このフリースクールはパソコンやスマートフォンを使っていつでもどこでも学べ、24時間365日学び放題で時間を選ばず学ぶことが可能。これは起立性調節障害や、昼夜逆転傾向のある中学生にも適しています。
  • 講師による特別授業とサポート
    このフリースクールでは現役の経営者やSNSインフルエンサー、YouTuberなどが特別講師として登壇し特別授業を提供。社会人サポーターが在籍し、ビジネスの手伝いや相談に応じています。また小児科医や心理カウンセラーも在籍しており、保護者の相談にも対応してくれます。
  • 個別のサポート体制
    電話相談やLINE相談、月に一度のZoom面談など、個別のサポート体制が整っています。家庭での様子や日常生活、進路相談などに寄り添い、学習や生活面でのサポートを行っています。

フリースクールまなれぼは中学生にとって、実践的なスキルやビジネスの知識を身につけ、将来に向けて夢を追いかける力を育むためのオンラインフリースクールとしておすすめです。

→ このフリースクールにおける詳細はこちら

 

おすすめ⑨こころカンパニー

おすすめ⑨こころカンパニー

「こころカンパニー」は中学生におすすめのオンラインフリースクールであり、要点を詳しく解説します。

  • 不登校の居場所としての役割
    「こころカンパニー」は、不登校の中学生がオンラインで過ごせる場所を提供。オンラインフリースクールとして、勉強以外にも様々な活動があります。
  • 食事、休息、運動、そして勉強
    このフリースクールは健康を最優先に考え、食事、休息、運動に加え勉強も大切にしています。生活全般の健康な状態をサポートし、その上で勉強や遊びを楽しむことが強調されています。
  • 多様性のある教育と個性・自主性の伸ばし方
    フリースクールこころカンパニーでは多様性のある教育を提供し、個性と自主性を大切にしています。正解のない問題に対してディスカッションを行い、本来の教育姿勢や実学に力を入れています。
  • 友達ができるオンラインの居場所
    オンラインフリースクールならではの特典として、友達ができる場所として位置づけられています。コミュニティを大切にし、中学生がオンラインで実現できる友情や交流を重視しています。
  • 自由な学びと時間の提供
    オンラインで自分に合った、学びと時間を過ごすことを奨励。中学生が自分のペースで自習し、好きなことに没頭する時間や、無料の動画学習を通じて学びを進めているフリースクールです。
  • オンライン自習室とコミュニティ
    Zoomを使用した自習室を提供し、希望者はお金の授業も受講可能。午前は自分に合った勉強を行い、午後にはコミュニティで友達と遊ぶ時間を設けています。
  • 健康を重視したスケジュール
    このフリースクールは健康第一の視点から運動や有酸素運動を取り入れたり、午前中の勉強と午後の遊びのバランスを大切にしています。
  • 心理カウンセラーやスポーツインストラクターが在籍
    心理カウンセラーやスポーツインストラクターが在籍しており、健康に関するサポートやアドバイスが提供されるのがこのフリースクールにおける特徴です。
  • 個性を尊重した学び
    このフリースクールでは、勉強は5教科だけではなく個々の個性や教育の多様性を尊重し、それぞれの中学生が自分のやりたい勉強を選び、育てていくことが奨励されています。
  • メタバースとアナログのハイブリッド教育
    このフリースクールは最新の教育手法を導入し、お金の授業やプログラミング、英語など、将来の社会に役立つスキルを学ぶ機会を提供。メタバースとアナログの組み合わせを通じて、柔軟で多様な学びを実現しています。

「こころカンパニー」は中学生が健康で自主的に学び、個性を伸ばし、

友達と共に成長できるオンラインフリースクールとしておすすめされて

います。

→ このフリースクールにおける詳細はこちら

 

おすすめ⑩clulu(クルル)

おすすめ⑩clulu(クルル)

中学生におすすめのオンラインフリースクール「clulu(クルル)」について、要点を詳しく解説します。

  • オンラインからリアルへの架け橋
    フリースクールcluluはオンラインのバーチャル空間を利用して、不登校やひきこもりの中学生が安心感を持ちながら学び、徐々にリアルな場所へ移行できるような居場所を提供しています。
  • 安心のネット環境と保健室の設置
    保健室が完備され、6年間の不登校経験がある校長が開講中は保健室に常駐。中学生が安心して学べるサポート環境が整っているフリースクールです。
  • オンライン授業とクラス構成
    1クラスには20名の小学4年生から中学3年生が混在し、顔出しや声出しは自由。前半はワクワク授業、後半はICT自主学習という2部制の授業を行っています。
  • 授業内容と学習環境
    フリースクールではユーザーフレンドリーなオンライン環境を活かして、中学生が楽しみながら学べるカリキュラムを提供。例として国語では部位Tシャツを作ったり、数学では予測して計算するゲームを通じた学びが行われます。
  • ゆとりある時間割と部活動
    月曜から金曜の12時45分から14時55分まで、工夫を凝らした授業と楽しい部活動を行います。このフリースクールは部活動に「プレイルーム部」「お絵描き部」「パソコン部」「ゲームサークル」などがあり、中学生が好みに応じて選択できます。
  • 放課後のサークル活動
    授業や部活動が終わった後も、おしゃべりサークルやボードゲームサークルなど様々なサークルが用意されており、友達や先生と共に有意義な時間を過ごせます。
  • 半年に1度のリアルイベント
    このフリースクールは南大阪にある「キリンの家」で半年に1度のリアルイベントが実施され、オンライン上で交流した友達や先生と実際に触れ合う機会が設けられています。
  • 出席扱いと成績評価のサポート
    月に一度、フリースクールクルルが作成する「個別学習レポート」を在籍学校に送付し、出席日や授業内容、成績評価を伝えることで、各学校の判断で出席扱いや成績評価が認められる仕組みがあります。

フリースクールcluluはオンラインとリアルな環境を結ぶ新しい形の学びの場であり、

不登校やひきこもりの中学生に寄り添ったサポート&楽しみながら学べる環境を提供

しています。

→ このフリースクールにおける詳細はこちら

 

おすすめ⑪オルタナティブスクール

おすすめ⑪オルタナティブスクール

「オルタナティブスクール・フリースクール スタディプレイス」は、中学生におすすめのオンライン学習プログラムであり、以下にその要点を詳しく解説します。

  • 学校の代わりになる新しい学びの場
    オルタナティブフリースクールは中学生が「新しい時代」において、自分らしく幸せに生きていくために必要な知識、スキル、マインドセットを得るためのオンラインフリースクール。所属校の出席扱いがなされており、学校の代わりに通える特長があります。
  • ICTを活用した個別最適化学習
    オルタナティブフリースクールはICTツールを導入し、タブレットを使用して学習課題を共有。個別最適化学習のため授業毎に目標を設定し、先生との振り返りを通じて学ぶ仕組みを提供しています。オンラインでも対面でも学べる環境が整っています。
  • 社会で必要な新しい学びを届ける
    基礎学力に加えてITやお金に関する知識、課題解決やロジカルシンキングなどのスキル、そして幸せに生きるためのマインドセットの3つを伸ばすことを重視したカリキュラムが用意されています。これにより、社会で必要な総合的な能力を養います。
  • オンラインコースの柔軟性とメリハリ
    オンラインコースではフリースクールに通いたいが通学が難しい場合など、様々なニーズに応える柔軟な学習環境を提供。教室と同じ時間割で進行し、中学生は自宅からでも学習ができ、スタッフが学習状況をチェックして個別の質問対応も行っています。
  • 遊びと学びの融合
    オンラインツールを駆使して、ZOOMでの絵しりとりやメタバース空間でのかくれんぼなど「遊びと学び」を組み合わせ、離れていても一緒に楽しむ工夫があります。これにより、学習の中に楽しさとコミュニケーションが取り入れられています。

「オルタナティブフリースクール」は中学生にとって新しい学びの形を提供し、

個別最適化学習や幅広いスキルの習得、楽しさと遊びを含んだ学びが融合された

環境を提供しています。

→ このフリースクールにおける詳細はこちら

 

おすすめ⑫飛鳥未来中等部・初等部

おすすめ⑫飛鳥未来中等部・初等部

「飛鳥未来中等部・初等部」は、不登校でお悩みの小学校4年生から中学3年生を対象としたオンラインフリースクールであり、以下にその要点を詳しく解説します。

  • 対象年齢とターゲット
    小学校4年生から中学3年生を対象としており、不登校で悩む中学生とその保護者に向けた支援を提供。これにより不登校で悩む中学生に、おすすめのオンラインフリースクールといえます。
  • 登校とオンライン学習の柔軟性
    登校して学ぶスタンダードコースや週2日間の登校が可能な2DAYコース、自宅でネットから始めることができるオンラインコースなど、生活状況や学習目的に応じて柔軟な選択ができる仕組みが整っています。これにより学習のリズムや生活リズムを保ちつつ、中学生それぞれのニーズに合わせた学びが提供されます。
  • 行事や友達づくり
    このフリースクールではイベントや課外学習を通じて学校行事が充実しており、友達との交流やチャレンジを通じて社会性を育んでいます。不登校で悩む中学生が少しずつ新しい友達と出会い、成長するサポートが行われています。
  • 個別学習と基礎学力
    このフリースクールでは小学校4年生から中学校3年生までの各教科において、個別に合わせた学習指導を実施。中学生一人ひとりの目的に合わせた指導があり受験対策も可能。週2日間の放課後には「放課後学習支援」も行われており、基礎学力の向上を目指しています。
  • 姉妹校連携と体験機会
    このフリースクールは「三幸学園グループ」のネットワークを活かし、中学生むけの様々な学びの機会とカリキュラムを提供。将来の進路や社会での役に立つテーマや課題について学び、実際の体験を通じて新しい自分を発見し自信をつけることが期待できます。
  • 先生との信頼関係
    先生と生徒の距離が近く、安心して相談できる環境が整っています。学習に関する相談だけでなく、普段の生活や夢についても気軽に話せる存在として中学生に安心感を提供。カウンセリングも実施され、不登校や引きこもり、いじめなどに関するアドバイスが行われています。

フリースクール「飛鳥未来中等部・初等部」は不登校で悩む中学生に対して、

柔軟な学習環境や個別指導、友達づくりや体験学習の機会を提供。先生との

信頼関係を築いてサポートすることで、中学生の未来へむけた希望と自己成長

を促進しています。

→ このフリースクールにおける詳細はこちら

tana

これらの12校は中学生向けのオンラインフリースクールとして、総合的な教育体験と生徒サポートの面で優れています。厳格な選定基準に基づき、各校のカリキュラム、教員陣の経験、学習プラットフォームの質、生徒の進学先との連携などが重要な評価項目となっています。

これらのオンランフリースクールは個別ニーズへの適応力や柔軟性を備え、中学生が質の高い教育を受けながら自らのペースで学ぶことができる環境を提供。おすすめ校の選定は信頼性と詳細な根拠に基づいており、中学生の学習において最適な選択をサポートしています。

 

オンラインフリースクールを利用する中学生におすすめ勉強方法

オンラインフリースクールを利用する中学生におすすめ勉強方法

中学生が充実した学びを追求する際、オンラインフリースクールと「通信教育」を組み合わせることで、個別指導と柔軟な学習環境を同時に享受できます。

通信教育は紙教材やデジタル教材などのスタイルによって多彩な学習手段を提供し、通信教育のなかでもとくにマンツーマン指導などはピンポイントの個別学習ニーズに応えてくれます。

矢印

フリースクール&通信教育の融合型「すらら」(デジタル教材)

フリースクール&通信教育の融合型「すらら」(デジタル教材)

オンラインフリースクールを利用する中学生におすすめの勉強方法として、

すららの通信教育がなぜ適しているのかについて詳しく解説します。

出席日数をカバー

すららは不登校の中学生が学校に出席できない場合に、自宅での学習を通じて「出席扱い」となるための特徴を備えています。

不登校の場合、学校への出席が不足すると内申書の点数に影響することがありますが、すららを利用することでこれを回避可能。またオンラインフリースクール利用で出席扱いにならず出席日数が足りない場合でも、すららの自宅学習による出席扱いが認められることで、内申書の点数に対する不安が軽減されます。

参考:不登校児童生徒への支援の在り方について(通知)

アダプティブな学習システム

すららはアダプティブなICT教材を提供しており、中学生一人ひとりの理解度に合わせて学習内容を調整し、完全に自己ペースで進められるようになっています。

中学生がオンラインフリースクールをより効果的に学べるためのサポートが充実しています。

ICT教材の特長を活かした対話型授業

アニメーションキャラクターとの対話型授業を提供しており、オンラインフリースクールで学ぶ中学生が飽きずに家庭学習へ取り組むことを促進。アニメーションと声優さんの解説によって、中学生が学習内容をより詳細にイメージしながら理解を深めることが期待できます。

スモールステップによる学習進行

平均15分の小さな範囲に分けた映像授業により学習を進め、初めて学ぶ分野でも中学生が理解しやすいように工夫されています。これによりオンラインフリースクールを利用する忙しい中学生が、隙間時間を有効に活用しながら学習を進めることができます。

ドリル機能による知識の定着

すららのドリル機能は、中学生がオンラインフリースクールで知識の定着をサポートする、という部分においても最適化され設計されています。

問題が解けない根本的な原因を自動で見つけ出し、一人ひとりの理解度に合った問題を出題。オンラインフリースクールでの学習内容を、確実に定着させるプロセスが整っています。

テスト機能による実力確認&学習カリキュラムの提供

すららは学力診断テスト機能や、定期テスト機能を提供。これにより中学生はオンラインフリースクール内で学んだ実力を確認し、すぐに結果を診断して必要単元を学習できます。

このテスト機能は中学生が日々の理解度を確認し、オンラインフリースクールの効果的な復習を行う上で役立ちます。

学習管理機能による最適な進捗管理

すららの学習管理機能は、中学生や保護者が学習進捗や成績をリアルタイムで確認可能。

これにより目標の達成状況や学習状況を把握し、より効果的なオンラインフリースクールでの学習計画をたてることが可能です。

ゲーミフィケーション機能によるモチベーション向上

ゲーミフィケーション機能は、学習をゲームのような体験に変える機能。

中学生のモチベーション向上に最適といえる勉強方法で、さらにアチーブエッグやマイページ機能を通じて、オンラインフリースクールで不足しがちな中学生同士のコミュニケーションを促進できます。

tana

通信教育すららはこれらの要素を持ち合わせ、オンラインフリースクールにおける中学生の学習を、より効果的かつ楽しくサポートするおすすめの勉強方法です。

こちらで詳しくレビューしています。

通信教育すららの口コミレビュー「高校受験への対応力」を徹底検証

通信教育すららの口コミレビュー「高校受験への対応力」を徹底検証
元塾講師が斬る!ということで今回は通信教育すららの「高校受験における対応力」を徹底検証します。すららは高校受験に対応できる?と疑問に思っていれば必見の価値ありです。

デジタル学習に弱い子供におすすめ「ポピー中学生」(紙教材)

デジタル学習に弱い子供におすすめ「ポピー中学生」(紙教材)

オンラインフリースクールを利用する中学生におすすめの勉強方法として、

中学ポピーの通信教育がなぜ適しているのか、以下に詳しく解説します。

自学自習力の向上

中学ポピーはオンラインフリースクールを利用する中学生に向けて、自学自習の力を養うことを目指している通信教育ともいえるのが大きな特徴。

中学生活が忙しい中でもオンラインフリースクールで学んだ内容に対し、効率的な勉強方法を提供し学ぶ力を伸ばすことに長けた勉強方法になります。

これによりオンラインフリースクールとの併用で、学校の成績アップにつなげることが期待されます。

教科書準拠で予習・復習がしやすい

中学ポピーは学校で使用される教科書に準拠しており、オンラインフリースクールでの授業に合わせた予習・復習がかなり容易。中学生が短時間で学習内容の重点を把握できるため、忙しい中学生も無理なくオンラインフリースクールとの併用ができます。

定期テストや高校入試に強い

中学ポピーは定期テスト対策が充実しており、中学生が効率よく高得点を目指せるのも特徴。

オンラインフリースクール内での対策として5教科はもちろん実技教科にも対応しており、中学生の内申点対策としても有効です。

紙中心で自ら学ぶ力が育ちやすい

中学ポピーは紙中心の教材を提供しており、学習過程を紙に残すことが可能。

紙を使用することで中学生はオンラインフリースクール内での学習過程を振り返り、家庭学習によってどこでつまずいたかを把握できます。また研究によれば紙の勉強方法がより優れているとされ、よりオンラインフリースクールで学んだ学習内容を理解しやすくなります。

tana

中学ポピーは1年生から3年生まで、オンラインフリースクールを利用する中学生がそれぞれの学年に合わせ、自立学習をサポートするプログラムを提供しています。中学生が学ぶ力を身につけつつ、学校の成績向上や高校受験に備える手助けが期待できるおすすめの勉強方法です。

こちらで詳しくレビューしています。

塾なしで高校受験「通信教育ポピー」だけで狙える志望校

塾なしで高校受験「通信教育ポピー」だけで狙える志望校【元塾講師の徹底解説】
実際に通信教育ポピーを体験した知識から「塾なしで高校受験にむけた通信教育ポピーの学習効果」について詳しく解説しています。塾なしで通信教育ポピーだけで狙える志望校について元塾講師の経験からも解説します。

月1回でも学べる「オンライン家庭教師 e-Live」(マンツーマン指導)

月1回でも学べる「オンライン家庭教師 e-Live」(マンツーマン指導)

オンラインフリースクールを利用する中学生におすすめの勉強方法として、オンライン家庭教師 e-Liveがなぜ適しているのか、以下に詳しく解説します。

全国どこにいても受講可能なオンライン環境

オンライン家庭教師e-Liveは、パソコンとインターネット環境があれば日本全国どこにいても受講可能。

中学生がオンラインフリースクールを利用するのと同様に地域差がなく、都会や地方を問わず東大生・医学部生などの優れた講師陣から指導を受けることができます。

安心価格の完全個別指導

オンライン家庭教師 e-Liveは、月1回でも受講できる自由度の高いスタイル&安心価格で完全個別指導を提供。中学生がオンラインフリースクールの併用として家庭学習で効果的な指導を受けるために、費用面でも家計を圧迫せず利用できることが特長です。

生徒と講師の相性を重視したマッチング

e-Liveでは生徒の性格、要望、志望校などを考慮し、同じ趣味や部活、志望している学校の講師とマッチング。中学生がオンラインフリースクールを通じて最適な講師と出会えるのと同じように、子供と講師の相性を大切にしたうえの指導を受けることができます。

複数講師によるサポート体制

e-Liveでは生徒1人につき、講師・担当・副担当の3人がサポートチームとしてサポート。

これにより中学生がオンラインフリースクール内での学習における未理解部分を、複数の専門家からのサポートを受けながら効果的に進めることができます。

自己学習の徹底サポートと勉強法の提供

e-Liveでは完全個別指導だけでなく、自己学習の徹底サポートも可能。

東大生や医学部生が中・高生時に実際に受けていた勉強法をレクチャーし、中学生がオンラインフリースクールの学習内容をより効果的に習得できるようサポートしています。

LiveOnを用いた安心セキュリティ

オンラインシステムにLiveOnを使用し、銀行や医療機関も利用するほどの安心セキュリティを提供。

指導を画面録画して何度でも見返せる仕組みがあり、オンラインフリースクールを利用する中学生が安心して家庭学習できます。

tana

オンライン家庭教師 e-Liveはこれらの特長を活かし、中学生がオンラインフリースクールを利用する際に、安心して理想的な学習環境を併用・構築できるサポートを提供しています。

こちらで詳しくレビューしています。

オンライン家庭教師「e-live(イーライブ)」口コミなどを徹底調査!

オンライン家庭教師「e-live(イーライブ)」口コミなどを徹底調査!
元塾講師の経験を活かして「オンライン家庭教師e-live(イーライブ)」の口コミ評判情報をはじめ全体像を徹底調査!高校受験対策におすすめのオンライン家庭教師なのか?料金は適正なのか?カリキュラムや講師は?など。受講者の口コミをはじめプロ視点からの口コミを交えながらレビューします!

 

中学生へ通信教育とオンラインフリースクールを組み合わせることで多様な学習手段を利用しつつ、個別指導と自己学習を効果的に組み合わせることができます。通信教育の柔軟性とオンラインフリースクールにおける自己管理スキル向上が相互に補完し、中学生が最適な学び方を見つけ継続的な学習成果を得やすくなります。

 

オンラインフリースクールを選ぶ(比較する)ときのポイント

オンラインフリースクールを選ぶ(比較する)ときのポイント

中学生にオンラインフリースクールを選ぶ際には、いくつかのポイントを比較検討することが重要。以下は、適切なオンラインフリースクールを選ぶ際に考慮すべき、とくに重要となるポイントです。

  • カリキュラムとコースオプション
    提供されているカリキュラムやコースが中学の教育基準に合致し、また生徒の興味や将来の目標に沿っているか確認。多様な科目や特別な拡張コースがあると、中学生が自分の興味に合わせた学びを選べます。
  • 教育プラットフォームと技術サポート
    使用する教育プラットフォームが使いやすく、生徒がスムーズにアクセスできるか確認します。また、技術的な問題が発生した場合に適切なサポートが提供されているかも確認します。
  • 教員の質とサポート
    オンラインフリースクールが適切な教員を雇用し、中学生に対して適切なサポートが提供されているかを確認。資格や経験を持つ教員がいることが重要です。
  • 進学先への対応
    将来の進学先(高校など)が、オンラインフリースクールの学習をどのように評価するか確認。卒業資格や成績の認定が、一般的な教育機関で受け入れられるかを確認しましょう。
  • 柔軟性とスケジュール
    オンラインフリースクールが柔軟なスケジュールを提供し、中学生が自分のペースで学べるかどうかを確認。これにより学習と他の活動(スポーツ、趣味など)を両立しやすくなります。
  • 評判とレビュー
    オンラインフリースクールの評判やレビューを調査し、他の生徒や保護者の体験を確認。これにより学校における実際の運営状況や、提供されるサービスについての洞察を得ることができます。
  • コスト
    オンラインフリースクールの費用を確認し、家計に適したものかどうかを検討。また、奨学金や支援制度があるかもチェックします。

tana

これらのポイントを検討することが、中学生にとって最適なオンラインフリースクールを選ぶ際に役立つかと思います。

 

オンラインフリースクールで中学生が学べる内容

オンラインフリースクールで中学生が学べる内容

オンラインフリースクールで提供される内容は、プログラムやプロバイダーによって

異なりますが、一般的には中学生向けの様々な科目が提供されています。以下は一般的なオンラインフリースクールで中学生が学べる内容の例です。

  • 数学
    中学の数学カリキュラムに基づいた、数学の基本的な概念から応用までの内容が提供されることがあります。
  • 科学
    物理学、化学、生物学など中学の科学分野に関する、基本的な知識を提供する科目があります。
  • 言語芸術
    読解、文章構造、文法、作文などを含む言語芸術の授業が提供されます。
  • 社会科学
    歴史、地理、社会科学全般に関する、基本的な知識を提供する科目があります。
  • 外国語
    オンラインフリースクールでは通常、異なる言語の基礎や会話スキルを学ぶための外国語コースが提供されています。
  • 芸術
    音楽、美術、演劇など、芸術に関するコースがいくつか用意されていることがあります。
  • コンピューターサイエンス
    プログラミングやデジタルリテラシーに焦点を当てたコースが提供されることがあります。
  • 健康・体育
    健康や運動に関する、基本的な知識や活動が含まれることがあります。

tana

これらの科目は、中学校の通常のカリキュラムに準拠している場合があります。

ただしオンラインフリースクールは柔軟性があり、中学生が個別の進度で学習できるようになっていることが特徴的。

プログラムによっては高度な科目や、特殊な関心事に対応するための

拡張コースも提供されることがあります。

また「高度な科目」「特殊な関心事」に対応するための拡張コースは、通常オンラインフリースクールが提供する中核的な科目に加えて中学生が興味を持って深めたり、特定分野でスキルを発展させたりするための追加の学習機会を提供します。以下は、具体的な例です。

  • 数学の拡張コース
    より高度な数学に興味を持っている中学生向けに、代数学、幾何学、微積分などの高度な数学のトピックを探求するコースが提供されることがあります。また数学競技プログラムや数学オリンピアードの準備コースも考えられます。
  • 科学の拡張コース
    物理学、化学、生物学の中でも特定分野に焦点を当てた拡張コースが提供されることがあります。例えば生態学、天文学、分子生物学などが挙げられます。
  • コンピューターサイエンスの拡張コース
    プログラミング言語の発展的な利用方法や、人工知能、機械学習などの先進的なトピックに焦点を当てたコースが提供されることがあります。
  • 外国語の拡張コース
    中学生がより高度な言語スキルを身につけるためのコースや、特定の文学や文化に焦点を当てたコースが提供されることがあります。
  • 芸術の拡張コース
    より高度な芸術技術や、特定の芸術形式に焦点を当てたコースが用意されることがあります。例えばデジタルアート、音楽理論、演劇の専門コースなどが挙げられます。
  • 特殊な分野に対応するコース
    特定の関心事に対応するコースも提供されることがあります。例えば環境科学、人権、国際関係、宇宙探査などが挙げられます。

これらの拡張コースは通常の中学カリキュラムを補完し、中学生が自身の興味や才能を伸ばすための機会を提供します。オンラインフリースクールは柔軟性があるため、中学生は自分の進度でこれらのコースを受講することができます。

 

中学生をオンラインフリースクールに通わせた場合の進学先

中学生をオンラインフリースクールに通わせた場合の進学先

中学生をオンラインフリースクールに通わせた場合の進学先は、多岐にわたります。

具体的な進学先は中学生の興味・能力、学習歴、進路希望などによって異なります。

以下は、一般的な進学先の例です。

  • 高校進学
    オンラインフリースクールでの学習が地元の高校と同等であり、卒業資格を取得できる場合、一般的には地元の高校に進学することができます。地元の高校は、通常の学校と同様に大学進学や職業進学をサポートしています。
  • 特定の分野に特化した高校進学
    中学で特定の分野に興味を持っている場合、その分野に特化した高校に進学することも選択肢となります。例えば、芸術や科学に特化した学校があります。
  • 専門学校・職業訓練機関
    オンラインフリースクールが特定の職業に焦点を当てている場合、専門学校や職業訓練機関へ進学することも考えられます。例えばプログラミング、デザイン、医療、美容師などの分野に特化した学校があります。
  • 自己学習とキャリア
    一部の中学生は、中学卒業後に直接仕事に就くことを選ぶこともあります。自己学習やインターンシップを通じて実践的なスキルを身につけ、直接仕事に進むことができます。
  • オンライン学習の継続
    オンラインフリースクールの柔軟性を活かして、中学から高校卒業までオンラインで学び続けることも可能です。その後、職業訓練や仕事に進むことも考えられます。

tana

進学先を選ぶ際には、中学生自身が興味を持ち、将来の目標に合致する選択をすることが重要。

また、地元の教育機関や進学先の大学が、オンライン学習をどのように受け入れているかも考慮する必要があります。

 

オンラインフリースクールが有効となる中学生および場面

オンラインフリースクールが有効となる中学生および場面

オンラインフリースクールが有効となる中学生とは?

オンラインフリースクールが有効な中学生のプロファイルには、

以下の特徴が含まれる可能性があります。

ただしこれらの特徴が当てはまるからといって、必ずしもオンラインフリースクールが最適であるとは限りません。個別の状況やニーズに合った、柔軟な教育環境を提供できるかどうかを検討することが重要です。

  • 自己管理能力が高い
    オンラインフリースクールでは中学生が自分で学習スケジュールを管理し、課題をこなす必要があります。自己管理能力が高い中学生は、この特性に向いている可能性があります。
  • 柔軟性を求める
    通常の学校環境が合わない場合や、個別の学習ニーズに合わせた柔軟なスケジュールや進度を求める中学生にとって、オンラインフリースクールは良い選択肢となります。
  • テクノロジーに慣れ親しんでいる
    オンラインフリースクールでは、コンピューターやインターネットを活用します。テクノロジーに慣れ親しんでいる中学生は、よりスムーズに学習環境へ適応しやすいです。
  • 個別指導が効果的な場合
    一対一の個別指導や、中学生の進度やニーズに合わせた学習が効果的な場合、オンラインフリースクールが有益です。
  • 特定の興味や専門性がある
    オンラインフリースクールでは、特定の興味や専門性に焦点を当てた拡張コースが提供されることがあります。そのような特定の分野に興味を持っている中学生にとって、オンライン学習は有益である可能性があります。
  • フレキシブルな進学オプションを探している
    従来の学校に縛られず、さまざまな進学オプションを柔軟に検討したい中学生にとって、オンラインフリースクールが適していることがあります。

オンラインフリースクールが有効となる場面とは?

これから紹介するのは、中学生にとってオンラインフリースクールが特におすすめな場面です。

例えば、進学に焦点を当てたいがアクティビティも欠かせない中学生にとって、

通学時間節約と柔軟なスケジュールが両立可能になるなどの場面に有効。

また特定の興味深い分野に深く没頭したい中学生をはじめ、アクセス可能な教育機会が限られている場合になどにも、オンラインフリースクールは興味や才能をアップする絶好の機会を得られます。

  • 個々の学習ニーズが異なる場合
    中学生が異なるペースで学ぶ必要がある場合、オンラインフリースクールは個別の学習ニーズに柔軟に対応できます。進度やスタイルを自分でコントロールしたい、という欲求がある場合に有効です。
  • 特定の興味や専門性がある場合
    中学生が特定の分野に興味を持って深めたい場合、オンラインフリースクールはその興味に合わせた拡張コースや専門コースを提供できます。
  • 地理的な制約がある場合
    住んでいる地域に十分な教育機関がなかったり通学が難しい場合、オンラインフリースクールはアクセス可能性を提供し、高品質な教育を提供できます。
  • 柔軟なスケジュールが必要な場合
    スポーツや芸術など他のコミットメントがある場合や、家庭の状況が異なる場合、オンラインフリースクールは柔軟な学習スケジュールを提供し、中学生が自分のペースで進めることができます。
  • 学校環境に適応できない場合
    いじめ、学習障害、またはその他の個別の状況により従来の学校環境が適していない場合、オンラインフリースクールは安全かつ個別対応が可能な環境を提供できます。
  • 専門的なスキルを磨きたい場合
    中学生が早期からプログラミング、外国語、美術などの専門的なスキルを磨きたい場合、オンラインフリースクールはこれらのスキルに焦点を当てたコースを提供できます。

tana

これらの状況に当てはまる中学生にとって、オンラインフリースクールはより効果的で適した学習環境を提供できる可能性がありおすすめです。

 

オンラインフリースクールのメリット・デメリット

オンラインフリースクールのメリット・デメリット

オンラインフリースクールを中学生に選ぶことには、メリットとデメリットが

あります。以下はそれぞれの側面を説明します。

オンラインフリースクールのメリット

  • 柔軟性と個別対応
    オンラインフリースクールは通常、柔軟な学習スケジュールを提供し、中学生が自分のペースで進めることができます。また、個別の学習スタイルに合わせた教育が可能です。
  • アクセス可能性
    オンラインフリースクールは地理的な制約を乗り越え、インターネットが利用できる場所であれば、どこからでもアクセス可能です。これにより多様な教育機会にアクセスできます。
  • 自己管理スキルの向上
    オンライン学習は中学生に自己管理や、時間管理スキルを養う機会を提供します。自分で進度を管理することで、将来の大学や仕事においても有益です。
  • 多様な学習資源
    オンラインフリースクールは多様な学習資源を活用できます。ビデオ、オンライン教材、インタラクティブなプラットフォームなどを通じて、多様な学習経験が得られます。

オンラインフリースクールのデメリット

  • 社交面の不足
    通常の学校と比較してオンラインフリースクールでは、中学生同士の直接的な交流が減ることがあります。これがソーシャルスキルや、協働能力の不足につながる可能性があります。
  • 技術的な問題
    オンライン学習は技術に依存しており、インターネット接続やデバイスの問題が発生する可能性があります。これが学習の中断やストレスの原因になることがあります。
  • 指導者との直接的な対話の減少
    通常の学校環境では中学生は教師や同級生と直接対話する機会が多いですが、オンライン学習ではこの機会が減少する可能性があります。
  • モチベーションの課題
    オンライン学習は自己管理が求められるため、モチベーションの維持が難しい場合があります。とくに社交的な要素が不足することで、中学生の興味やモチベーション低下といった状況につながる可能性もあります。

tana

中学生にとってオンラインフリースクールを選ぶかどうかは、個々の学習スタイルや状況によります。

親や保護者は、中学生の特定のニーズや性格に焦点を当て、慎重に選択することが重要です。

 

まとめ

この記事では、中学生向けのオンラインフリースクールおすすめ12選を紹介しました。お伝えしてきた内容を通じ、生徒や保護者が抱える悩みに対して具体的な解決策を見つける手助けとなれば幸いです。

とくに中学生という時期は個々の学びに対するニーズが多様で、通常の学校にはない柔軟性や個別サポートが求められます。

紹介したおすすめのオンラインフリースクールは通学制約や地理的な問題を解消し、中学生が自分のペースで学び、将来のスキルを着実に築くためのピンポイントで理想的な環境を提供しています。

オンラインフリースクールの選択肢が、通常の学校では難しいニーズに対応し個別の学びを支えることで、中学生が学びの旅をより充実したものにできることを期待しています。

悩み解消の第一歩として、ぜひおすすめのオンラインフリースクールを検討してみてください。