※当サイトでは一部「PR」を含みます。

※期間限定:4月30日まで
すららキャンペーン情報全国の教育機関でも多くの導入実績あり。
通信教育すららが入会金0円」キャンペーン中です。
詳しくは https://surala.jp/

 

高校受験におすすめの通信教育ランキング・比較方法・選び方

高校受験におすすめの通信教育および比較方法や選び方

tana

元塾講師のTanaといいます。このブログでは高校受験と通信教育に焦点をあてて、おすすめ教材・比較方法・選び方などを実体験から詳しく解説していきます。

  • 高校受験におすすめの通信教育が知りたい。
  • 高校受験に優秀な通信教育を比較検討したい。

などの疑問をお持ちでしたら、きっとお役に立てる内容かと思います。

高校受験におすすめ「総合部門」通信教育ランキング

tana

実際に通信教育(デジタル教材・紙教材含む)を10社以上体験してきた知識から、とくに高校受験におすすめと感じた5教科通信教育「総合部門」ベスト3選をランキング形式でご紹介します。

また各種状況に応じた最適な通信教育については、つぎの項目で詳しくお伝えしています。

矢印

高校受験におすすめ①通信教育すらら

高校受験におすすめ①通信教育すらら

✅ 高校受験に必要な「全機能」を求める場合におすすめ
対応偏差値映像授業ドリル機能テスト機能最終理解
30~60アニメーションAIシステム3種類つまずき診断
総評高校受験勉強に必要なすべての機能が揃っており最終理解まで極めて高い確率で辿りつける。わからないと感じた部分をサッと調べて原因解明ができる。無学年方式で高校受験対策もあるため徹底的に受験勉強ができる。

通信教育すららは総合的にバランスの良い通信教育で、とくに「最終理解へ辿り着きやすい」という点では高校受験にもっとも優秀な通信教育であると私は感じます。

5教科すべてを偏差値60まで対応できる通信教育で、公立高校受験であればほぼカバーできます。

わかりやすい映像授業で基礎知識を学んだあとは、AIシステムによるドリル機能、3種類のテスト機能によって数稽古から定着まで徹底的に受験勉強ができるといった構成。

AIシステムによるドリル機能

とくにAIシステムによるドリル機能が優秀で、間違った問題に対しては「難易度コントロール」によって問題内容に微妙な変化が加えられ再出題されたり、さらに「つまずき診断」により原因となっている単元が表示されたりと高校受験にとって極めて役立つ機能が充実している通信教育です。

しかも文部科学大臣賞の受賞歴もある通信教育ということで極めて高い学習効果が期待でき、ふだんの家庭学習はもとより高校受験にもっとも適したデジタル教材であると私は強く感じます。

通信教育すららの口コミ(SNSで見る評判)

✅ すららの無料体験はこちら

すららの無料体験

ゆっくり細かな説明でわかりやすい映像授業を体験できます。

https://surala.jp/

参考サイト:すららの口コミ体験レビュー

 

高校受験におすすめ②スタディサプリ

高校受験におすすめ②スタディサプリ

✅ 授業数・問題数を求めるなら「スタディサプリ」がおすすめ
対応偏差値映像授業ドリル機能テスト機能最終理解
30~60実在講師1万問以上一般レベル別演習問題
総評とくに神授業で解説する動画授業がわかりやすくさらに多くの問題数によって全レベル問題を解けるため高校受験におすすめ。各機能のクオリティははそれほど深くないが全般的に扱いやすくシンプルで受験勉強へ適した内容となっている。

とにかく「わかりやすい授業」を求める場合におすすめの通信教育で、全国から集まった講師陣が非常に理解につながりやすい解説をしてくれるため高校受験におすすめです。

基本的な機能(性能)としては一般的なデジタル教材ですが、神授業が行われる数多くの映像授業についてはほかの通信教育で真似のできないメリットになります。

映像授業を見て学んだあとは「1万問以上」の問題を解いて徹底的に数稽古ができ、AIシステムなどのサポートは搭載されていないものの神授業&問題数の多さでも高校受験におすすめの通信教育といえます。

またテスト機能も自由選択式なので分野を選んで作成できるため、弱点チェックをはじめ過去問集といった使い方もできることで高校受験向き。プリントアウトしてテストを受けられ、しかも無限に作成できるため様々な問題集を作成することもできます。

さすがリクルートの通信教育と思えるソツのないシンプルな構成で、授業数と問題数ではもっとも多く高校受験にとっておすすめの1つといえるデジタル学習教材であると私は感じます。

通信教育スタディサプリの口コミ(SNSで見る評判)

✅ スタディサプリの無料体験はこちら

スタディサプリ

14日間の無料お試し体験ができます。膨大な「神授業」をはじめ自由選択式のテスト機能など全機能をお試しできます。

スタディサプリ中学講座

※詳しいレビュー:【元塾講師が斬る!】スタディサプリ中学生の口コミ体験レビュー

 

高校受験におすすめ③通信教育デキタス

高校受験におすすめ③通信教育デキタス

✅ さかのぼり学習を求めるなら「通信教育デキタス」がおすすめ
対応偏差値映像授業ドリル機能テスト機能最終理解
30~50アニメーション3段階一般さかのぼり機能
総評標準校志望であればおすすめの通信教育でわかりやすいアニメーション授業やさかのぼり機能によって最終理解まで辿り着きやすい。学年制教材だけど「さかのぼり機能」を駆使すれば実質的に無学年制教材として使える。

やや対応可能な偏差値は低めですが、標準校を志望する場合はサクサクと操作性が良くおすすめの通信教育です。城南コベッツグループのメソッドが盛り込まれています。

城南コベッツグループが運営するデジタル学習教材で、映像授業の声役をしているのはすべて実在する講師陣。したがって個別指導塾で授業を受けている感覚で取り組める通信教育です。

ドリル機能は3段階あってクリアするごとにステップアップしていけますが、最終段階でもそこまで難易度は高くないため偏差値的に見るとだいたい50辺りまでが限界かなと。

とはいえ「さかのぼり機能」をしっかりと駆使することで学年を通り越して永遠にさかのぼれるため、最終理解にまで辿りつきやすく実質的に無学年方式の通信教育として使うことができます。

テストモードでは自由に分野を選んで作成できるため苦手克服などにもつなげやすく、高校受験の過去問集としてもしっかりと応用できるため標準校対策にはおすすめの通信教育です。

通信教育デキタスの口コミ(SNSで見る評判)

✅ デキタスの無料体験はこちら

デキタス

5日間の無料体験ができます。デキタスの機能一式をしっかりとお試しできるので詳しい内容がわかります。

通信教育ならデキタス 

参考サイト:デキタスの口コミ情報

 

高校受験におすすめ「状況別」通信教育ランキング

高校受験におすすめ「状況別」通信教育ランキング

この項目では、私が探ってきた通信教育を「状況別」で紹介します。

偏差値、教科、目標などにおいて最適と感じる通信教育を、プロ視点からしっかりと

厳選してピックアップしているので参考にしてみてください。

難関校対策におすすめの通信教育

中学生の通信教育「高難易度」の受験対策におすすめベスト10選

中学生の通信教育「高難易度」の受験対策におすすめベスト10選
元受講講師の経験をもとに中学生の「高難易度」におすすめ通信教育をベスト10選にして詳しく解説します。学習塾レベルの「高クオリティ対策」が期待できる高品質な通信教育を紹介します。

東大志望におすすめ通信教育

元塾講師が選ぶ「東大志望」の中学生に最適おすすめ通信教育3選

元塾講師が選ぶ「東大志望」の中学生に最適おすすめ通信教育3選
元塾講師の経験を活かして「東大志望の中学生におすすめ通信教育」を3選まで絞り込んで紹介。東大をめざすには高校受験突破がまずもって大前提。しっかりと志望校合格および東大をめざした家庭学習のできる通信教育を選びました。

中高一貫校におすすめ通信教育

中学生の通信教育「中高一貫」に適したスタイルベスト10選

中学生の通信教育「中高一貫」に適したスタイルベスト10選
元塾講師が選ぶ「中高一貫校の中学生におすすめ通信教育」です。これまでの経験を活かして通信教育ベスト10選をピックアップ。将来的な目標となる大学受験を目指してまずは通信教育スタイル特性をマッチングさせることが失敗しない選び方へつながります。

費用が安いおすすめ通信教育

中学生におすすめ「費用が安い通信教育」しかも内容充実ベスト3選

中学生におすすめ「費用が安い通信教育」しかも内容充実ベスト3選
元塾講師の経験をもとに「中学生へおすすめの費用が安い通信教育」としてベスト3選をピックアップします。

英語・英会話対策におすすめ通信教育

中学生の英語&英会話におすすめ通信教育ランキング

【元塾講師が選ぶ】中学生の英語&英会話におすすめ通信教育ランキング
元塾講師が選ぶ「中学生の英語&英会話におすすめの通信教育」です。それぞれベスト3選をピックアップ。高校受験対策における英語・英会話の通信教育として極めて最適です。

中学生の「英検対策」におすすめ通信教育ベスト7選

元塾講師が選ぶ!中学生の「英検対策」におすすめ通信教育ベスト7選
元塾講師の経験をもとに「中学生の英検対策」におすすめ通信教育をベスト7選に絞り込みました。ひと口に英検対策といっても「1次筆記試験」「2次面接試験(英会話対策・出題対策)」があります。すべて履修できることが英検合格へむけた通信教育には重要です。

プログラミング学習におすすめ通信教育

中学生プログラミング通信教育おすすめランキング

【元塾講師が選ぶ】中学生プログラミング通信教育おすすめランキング
元塾講師の経験をもとに「中学生プログラミング学習おすすめ通信教育」として優秀教材をランキング形式でチョイス。選んだ根拠・対応レベル・学習効果などを交えプログラミング通信教育ランキングとして解説します。きっと目標達成しやすいと思うのでぜひご期待ください!

不登校におすすめ通信教育

不登校の中学生におすすめ「出席扱い」などの施策がある通信教育3選

不登校の中学生におすすめ「出席扱い」などの施策がある通信教育3選
元塾講師が選ぶ「不登校の中学生におすすめ通信教育」です。不登校でも出席扱いになるといった施策を行っている通信教育をはじめ、不登校の中学生においてマッチング性の高い通信教育をピックアップします。

 

元塾講師のプロ視点から探る!通信教育レビュー

元塾講師のプロ視点から探る!通信教育レビュー

元塾講師の強み(経験)を活かして、各スタイルの通信教育を徹底レビューしています。

たまに辛口レビューとなってしまう場合もありますが、これも消費者視点で考えた結果出てしまった言葉。したがって怖い人と思わず「1人の仲間」と思ってご覧ください。

オンライン指導スタイルの通信教育

元塾講師が探る「オンライン指導」の口コミレビュー

元塾講師が徹底的に探った「オンライン指導レビュー」一覧

オンライン指導はもっともハイレベル学習に適したスタイルで、素早い疑問解消などをマンツーマン指導で確実に実践できます。どんどん質問をして問題解消する性格であれば極めて有効な通信教育スタイルです。

デジタル教材スタイルの通信教育

元塾講師が探る「デジタル教材」の口コミレビュー

元塾講師が徹底的に探った「デジタル教材レビュー」一覧

最新版の通信教育スタイルといえるのがこのデジタル教材。紙教材の進化系ともいえるスタイルでインターネットを通じて多くの情報量、紙教材では成しえなかった動画や音声で効率的な勉強ができます。

紙教材スタイルの通信教育

元塾講師が探る「紙教材」の口コミレビュー

元塾講師が徹底的に探った「紙教材レビュー」一覧

元塾講師が徹底的に探った「紙教材レビュー」一覧です。通信教育のなかでもっともオーソドックスな教材スタイルで、自然体で勉強でき今でも高い人気を誇っています。

 

高校受験向けの通信教育を比較するポイント

高校受験向けの通信教育を比較するポイント

私は、とくに次の3つを「比較ポイント」として重要視しています。

  1. わかりやすい映像授業があるか?
  2. 最終理解にまで辿りつけるか?
  3. 基礎から応用まで幅広く対応しているか?

これらが1つでも欠けてしまうと、あまり高校受験におすすめの通信教育とはいえません。

各ポイントについて、さらに詳しく解説をしていきます。

わかりやすい映像授業があるか?

わかりやすい映像授業があるか?

私は高校受験対策をするときの通信教育として、なるべく「タブレット(デジタル)教材」をおすすめします。

なぜならデジタル教材には「映像授業」が搭載されている場合が多く、基本的な知識を学ぶには最適な機能であると強く感じるため。

したがってデジタル教材で映像授業搭載の通信教育を選ぶことで、より理解度を高められ、しかも過去のつまずき解消や腑に落としやすい高校受験勉強につながります。

もちろん通信教育で紙教材という手段もありおすすめですが、デジタル学習教材の「映像授業」における理解度を考えると雲泥の差があると私は感じます。

さらに映像授業の解説がわかりやすくなるほど高い理解度につながりやすいため、なるべく無料体験などで事前に映像授業を受けてチェックしてみることをおすすめします。

参考:高校受験の通信教育は「自宅タブレット」が自粛生活におすすめの理由

最終理解にまで辿りつけるか?

最終理解にまで辿りつけるか?

高校受験におすすめの通信教育を探るとき、もっとも重要といえるのが「最終理解への到達度」です。

通信教育というジャンルはいわゆる”一方通行”のため講師へ質問できるわけでもなく、教材そのものに頼って最終理解へつなげるしかありません。

そこでチェックしたいのが「最終理解へたどり着きやすい構成や機能」です。

たとえば解けない問題があった場合には、その原因となっているつまずき箇所が表示されるなど。

一般的な通信教育では解けない問題があれば答えを見て考えろという仕組みがほとんどですが、優秀な通信教育では解けない原因について徹底的に追求してくれる機能や構成が搭載されているため見逃してはいけない重要なポイントになります。

このような機能が搭載されている通信教育というのは「最終理解」にまで辿りつきやすく、より高校受験にむけておすすめの通信教育であると私は強く感じます。

参考:高校受験にむけた通信教育は偏差値「最大60」を知ると効率アップ

基礎から応用まで幅広く対応しているか?

基礎から応用まで幅広く対応しているか?

中学生向きの通信教育といっても対応範囲は大きく異なり、基礎的な勉強しかできない教材もあれば、しっかりと高校受験にとって有用な応用範囲まで取り組める教材まで対応レベルはさまざまです。

ふだんの家庭学習に使用する通信教育は学力に合わせて比較検討すればいいですが、高校受験の通信教育となれば基礎から応用まで幅広く出題されるため総合的にしっかり学べる教材であることが求められます。

したがって高校受験におすすめの通信教育を選ぶ場合は、なるべく「基礎から応用まで幅広く学べる内容」であることも重要なポイントであるといえます。

高校受験の通信教育における口コミ情報などをチェックするときは、先にお伝えした「わかりやすい映像授業」「最終理解への到達度」に次いでこのポイント確認も大切であると私は感じます。

参考:通信教育で失敗しない3つの比較ポイント

通信教育の種類と失敗しない選び方

通信教育の種類と失敗しない選び方

高校受験に向けた通信教育にはつぎの種類があります。

種類対応教科特徴
紙教材
  • 5教科
  • プログラミング
昔からある通信教育スタイルでもっとも自然体に近い家庭学習になる。
デジタル教材パソコンやタブレット端末を使い多くの情報量で取り組める。端末操作や画面などに慣れが必要。
オンライン学習
  • 5教科
  • 英会話
  • プログラミング
実際の講師相手に指導が行われる。その場で疑問解消ができるため学習効率がもっとも良い。

この高校受験の通信教育ブログでは「5教科」に特化しておすすめ教材などを紹介していますが、ほかにオンライン英会話など英会話学習といった種類も組み合わせるとより効果的です。

また英会話学習はオンライン家庭教師といった種類でも学習できますので、ここで紹介してきた5教科通信教育と併せてお考えになるのもおすすめの方法になります。

失敗しない通信教育の選び方として、

最も大きなポイントが「問題解消能力」です。

このブログ内でもお話ししてきましたが「最終理解への達成度」がとくに高校受験の通信教育としては重要で、問題解消してつまずきを解決できることで点数アップにつながりやすくなります。

したがって高校受験の通信教育(5教科・英会話)の選び方としては疑問を解決できる機能と構成になっていることをチェックし、さらに高校受験に出題されるであろう問題に少しでも多く取り組めるドリル機能などが搭載されていることが重要です。

もう一度「おすすめランキング3選」をチェックする

高校受験は通信教育のみでも大丈夫?

高校受験は通信教育のみでも大丈夫?

高校受験は「塾なし通信教育のみ」でも可能なのか?

私は以下のように考えます。

公立高校を受験(志望)する場合

学校で出題される基礎的な受験問題のため「塾なしで通信教育のみ」という学習スタイルでも高校受験合格は十分に期待できる。学校で習う範囲以外は出題されない。

私立高校を受験(志望)する場合

基礎基本以外の応用問題が多く出題されるため、塾なし通信教育のみでは限界があり「学習塾も併用する」ことがより好ましい。学校で習う範囲以外(応用)も出題される。

このように、私が適切と考える答えは「受験(志望)する高校による」ということ。

通信教育で学習できる範囲は「学校で習う基本範囲」になるため、公立高校を志望する場合はおすすめ、私立高校を志望する場合はあまりおすすめではないというのが結論です。

ご存知のように公立高校の受験問題は学校で習う内容に沿った出題ですが、私立高校の受験問題では学校で習う範囲外の出題がされるため通信教育では限界があります。

したがって公立高校の受験においては通信教育のみで十分に合格の期待をもてますが、私立高校の受験においては学習塾をベースに応用部分、通信教育で基礎部分をサポートするといった学習方法がおすすめです。

参考:高校受験は「塾なしで通信教育のみでも可能か?」について解説します

tana

もし高偏差値(難関校・トップ校)を目指す場合は「Z会の通信教育」がとくにおすすめと私は思います。

資料請求はこちら