※当サイトでは一部「PR」を含みます。

【元塾講師が選ぶ】中学生プログラミング通信教育おすすめランキング

中学生プログラミング通信教育おすすめランキング

こんにちは、元塾講師のTanaです。

今回は「中学生におすすめのプログラミング教材が知りたい」という疑問に答えます。

プログラミング学習教材といっても、ここで紹介するのはオンライン形式で学べるプログラミング教室。

とはいえオンラインプログラミング教室はそれぞれ個性が異なる、学べる言語が違うなど差異があるため、そのあたりも含めて優秀なベスト5選を選出します。

元塾講師および通信教育全般を探ってきた経緯より、中学生へ選んでまず間違いないおすすめのオンラインプログラミング教室をピックアップするのでぜひご期待ください!

※ランキングといっても私自身の個人的主観により、優位性を示すものではありません。

中学生プログラミング通信教育おすすめランキング

中学生プログラミング通信教育おすすめランキング

私の経験からすると、とくに次の5選が優秀でおすすめの通信教育です。

  1. 個別指導塾ラシク プログラミング講座
  2. D-SCHOOLオンライン
  3. 角川ドワンゴ学園「N Code Labo」
  4. テックアカデミー ジュニア
  5. Code of genius

いずれも中学生に適したプログラミング教室で、オンラインで受講できるため地域を選びません。

さらに通信教育おすすめ5選について、詳しい内容および私の感想を述べます。

矢印

個別指導塾ラシク プログラミング講座

個別指導塾ラシク プログラミング講座出典:個別指導塾ラシク プログラミング講座

学べる言語等・プログラム基礎
・Scratch
対象~中学2年
初心者向け疑問解消月謝(税込)¥8,800~
おもな特徴
  • 簡易的なゲーム自作カリキュラム
  • ジュニアプログラミング検定準拠(Scratch部門)
  • 学研グループの教育理念に基づく指導 など

極めてプログラミング初心者におすすめといえるのがこのオンライン教室。個別指導塾が運営しているため素早く疑問解消できるのが特徴です。

学研グループが運営する個別指導塾で、プログラミング専門のカリキュラムを実践している部門。

したがって中学生のプログラミング学習において安定感はバツグンともいえ、プログラミング初心者が基礎から履修するには最適ともいえるオンライン教室です。

あまり難しいプログラミング言語は扱っておらず、基礎的な知識からScratchまでを履修できるという内容。したがってプログラミング学習の難しさを感じるというよりも「楽しさを実感しやすい」というオンライン教室になるかと思います。

おもに「ゲーム要素」を用いてプログラミングを楽しく学べる、と考えればいいかと。

出典:個別指導塾ラシク プログラミング講座

出典:個別指導塾ラシク プログラミング講座

それでいてジュニアプログラミング検定準拠となっているため、検定試験に合格すれば内申点アップにつなげやすく、まさにこれからの時代に相応しいといえる受講内容。

個別指導塾が行っているプログラミング教室のため素早い疑問解消もしやすく、しっかりとプログラミング基礎知識を確実性の高い指導内容によって学べる中学生におすすめのオンライン教室です。

もし中学生でプログラミング初心者であれば、まず選んで間違いのないオンラインプログラミング通信教育。通塾・オンラインいずれの形式でも学ぶことができます。

tana

個別指導塾ラシク プログラミング講座こちらから「無料体験」ができます。

→ 個別指導塾ラシク プログラミング講座

 

D-SCHOOLオンライン

D-SCHOOLオンライン出典:D-SCHOOLオンライン

学べる言語等・プログラム基礎
・micratch・Roblox・Scratch
・JavaScript
・HTML&CSS
・ネットリテラシー
対象中学生全般
初心者向け疑問解消月謝(税込)¥3,980~
おもな特徴
  • 月1回のライブ配信授業あり
  • オンライン上で作品を共有できるコミュニティ機能
  • YouTubeコラボイベント
  • IT教育講座
  • タイピング練習ソフト
  • オンライン指導によるサポート など

中学生でプログラミング初心者から上級レベルまで幅広く学べるオンライン教室。各種講座やイベントが盛りだくさんで楽しみながらプログラミング学習を継続できます。

このオンラインプログラミング教室は歴史も長く、いわゆる黎明期から続いている安心感バツグンの会社。

とくに小中学生のプログラミング学習に力を入れているのが特徴で、プログラミング基礎から上級レベルの言語までしっかり学べるおすすめの通信教育です。

プログラマーなど講師と対面してオンライン指導を受けることも可能で、疑問に感じた場合は素早く解消しやすいのも大きなメリット。ほかのプログラミング教室では開催されていないイベント関係も盛りだくさんで、中学生が楽しみながらプログラミング学習へとり組めるオンライン教室です。

D-SCHOOLオンライン出典:D-SCHOOLオンライン

このように、教育現場などに幅広く利用されているのも大きな特徴。

内容が盛りだくさんのわりに月謝(費用)はかなり安い設定で、年間契約にすると割引となるため親としても嬉しいポイント。料金から内容・構成を考えるとかなりコスパに優れており、中学生に必要なプログラミング知識を広い範囲で習得できるため任せておけばまず安心です。

ひとくちにプログラミング学習といってもインターネット世界における興味によって学ぶ言語が異なるものですが、ウェブサイト作成ができるようになるHTML&CSS、プログラムの根本知識となるJavaScriptまで履修できるため目標を達成しやすい極めて優秀なオンライン教室。

もし中学生のプログラミング学習として通信教育を選ぶのなら、まず第一候補に挙げておくことを私はおすすめします。

tana

D−SCHOOLオンライン✅ こちらから「30日間の無料体験」ができます。

→ 小中高生向け「D−SCHOOLオンライン」

(現在は新たに「デジタネ」という名称になってます)

 

角川ドワンゴ学園「N Code Labo」

角川ドワンゴ学園「N Code Labo」出典:角川ドワンゴ学園「N Code Labo」

学べる言語等・プログラム基礎
・Scratch・Swift
・Python・Unity
対象中学生全般
初心者向け疑問解消月謝(税込)¥14,300~
おもな特徴
  • エンジニア講師によるマンツーマンの個別指導
  • N高の実践的なプログラミング学習
  • 2つのクラス構成(ゲームプログラミング)(AIプログラミング)あり
  • 初心者~上級者まで幅広い学習範囲
  • 独自カリキュラム&教材による実践的プログラミング など

プログラミング初心者から上級者まで、しっかりとオンラインで学べるN高の実践的プログラミング教室。かなり詳細なプログラミング学習ができます。

角川ドワンゴ学園が主催するプログラミング教室で、通塾・オンラインいずれも対応しています。

プログラミング初心者の中学生が基礎知識を学ぶにも適していますが、将来的にプロのプログラマーを目指すという場合はより最適といえるプログラミング教室。基本的なプログラミング知識だけではなく「より実践的」な知識習得を期待できるのが大きな特徴です。

したがって中学校のプログラミング学習への対応というだけに利用するのはやや物足りず、その後も将来的にプログラミング知識を活かした職業を目指すなどの目標を持つ中学生に最適。

かなり兵レベルなプログラミング言語・学習を受けることができるので、本格的なエンジニアとして活躍したいという中学生には最適な選択といえるプログラミング教室になります。

また将来の目標にあわせて「ゲームプログラミング」「AIプログラミング」のクラスから選べるため、より目標を明確に持って学べるのも大きなメリット。本格的にプログラミングを学ばせたい場合は、まずもって選んだほうがいいとまで言い切れる通信教育です。

tana

角川ドワンゴ学園「N Code Labo」こちらから「無料体験・無料説明会」をチェックできます。

→ 角川ドワンゴ学園【N Code Labo】

 

テックアカデミー ジュニア

テックアカデミー ジュニア出典:テックアカデミー ジュニア

学べる言語等・プログラム基礎
・Scratch・Ruby・JavaScript
対象中学生全般
初心者向け疑問解消月謝(税込)¥14,300~
おもな特徴
  • 動画を視聴して学習するスタイル
  • わかりやすい学習システム完備
  • 実践的プログラミング言語学習ではチャットサポートあり
  • 各種コース(Scratch、Webアプリ、ゲームアプリ、クリエイティブ、Pythonロボティクス、プログラミング入門、Springin’)あり など

このプログラミング教室も初心者からハイレベル学習まで幅広く学べ、充実したサポート体制で疑問点を早めに解消しやすい中学生へおすすめの通信教育です。

とくに学習システムが構築されており、映像授業などによって疑問点を解消しやすいシステム。

さらにエンジニア講師によるサポート体制もしっかり整っており、RubyやJavaScriptなど実践的なコードを学びたい場合はチャットサポートにより素早く疑問解消できます。

したがって総合的にサポートに強いという印象のプログラミング教室で、疑問点をそのまま放置して学習効果が下がることのないよう、さまざまな工夫が凝らされているというのが大きなメリットになるかと思います。

また中学生のプログラム初心者から上級者レベルまで対応できる構成となっており、履修できるプログラム言語についても初心者レベルから上級者レベルまで網羅性の高さが特徴。

プログラミング初心者はScratchコースからスタートして、プログラミング知識が上達すれば豊富なコースから目標に沿ったスタイルを選ぶという学習方法もかなり有効です。

このTech Academyというプログラミング学習専門の会社も、かなり昔から存在するため安定感としては国内でも最高レベル。したがってプログラミング初心者の中学生でも、任せておけばしっかりとプログラミング知識が身につくよう鍛えてくれます。

tana

テックアカデミー ジュニアこちらから「無料体験授業」を受けられます。

→ 「テックアカデミー ジュニア」無料学習体験

 

Code of genius

Code of genius出典:Code of genius

学べる言語等・Scratch・Python
JavaScript・HTML・C#
・NodeJS・NPM・Unity
・HTML&CSS・Django
対象中学生全般
初心者向け疑問解消月謝(税込)¥41,800~
おもな特徴
  • ややハイレベルのプログラミング学習
  • 集中型レッスンによる短期講習システム
  • 個別カリキュラムによるマンツーマン指導
  • 個別学習のため自由に質問可能 など

プログラミング初心者の利用も可能ですが、どっちかといえば「中級者レベル以上」の利用におすすめのプログラミング通信教育です。

基本的に「スタンダード」「マスター」という2つのコース設定となっており、初心者~中級者はスタンダードコース、上級者はマスターコースを選ぶことで目標達成しやすくなります。

プログラミング初心者はおもにブロック型プログラミングのScratchを用いた学習中心で、まずはプログラミング全般における基礎的な知識などを身につけるというスタイル。さらにプログラミング知識が向上すれば実践的なJavaScriptなどを用いて、本格的なプログラミング学習を行っていくというスタイルです。

とくにハイレベル学習として適したプログラミング教室で、上級レベルにおいてはプロのエンジニア級学習ができるという内容。したがって上級コース(マスター)の領域まで到達すれば、将来はプログラミング関連職業へ就きやすくなるといったメリットが期待できます。

ほかのプログラミング教室と異なるのが「短期集中型」というレッスンシステムで、1か月間に集約してプログラミング学習を徹底履修するというスタイル。したがって費用体系は月謝というよりも、1コース当たりの料金といったほうが的確かもしれません。

かなりハイレベルなプログラミング学習ができるので、すでに中学生である程度プログラミング知識を持っている場合におすすめの通信教育です。

tana

Code of geniusこちらから「詳しい内容」を確認できます。

Code of genius

 

中学生プログラミング通信教育ランキング比較一覧表

私が優秀と感じているプログラミング塾ランキングを、比較一覧表でまとめます。各教材名をクリックすると先ほどの各解説項目へ戻ります。

教材名対象初心者疑問解消月謝
個別指導塾ラシク~中学2年¥8,800~
D-SCHOOL中学生全般¥3,980~
角川ドワンゴ学園
「N Code Labo」
中学生全般¥14,300~
テックアカデミー中学生全般¥14,300~
Code of genius中学生全般¥41,800~
(短期集中型)

 

中学生へプログラミング通信教育を選ぶポイント

中学生へプログラミング通信教育を選ぶポイント

私の経験からすれば、つぎの3点はとくに重要な要素と感じます。

  • プログラミング初心者は基礎から履修可能であること
  • 目標とするプログラミング言語を学べること
  • 疑問をできる限り素早く解消できること

できればこの3点が揃っている通信教育を選ぶことで、より効果的なプログラミング学習を期待可能。

目標達成しやすくなるプログラミング通信教育を選ぶためにも、ぜひ抑えて選んでみてください。

さらに詳しく、これら3つのポイントについて解説します。

プログラミング初心者は基礎から履修可能であること

プログラミング初心者の中学生であれば、まずもって「初心者に適した内容」で

あることが必須。

はじめから実践的なプログラミング言語を学ぼうとしても理解しきれない場合があり、まずは初心者向けブロック型プログラミング言語となるScratchなどを使用したコースがあることを要確認。

プログラミング全体の概念などを理解するには初心者向けの言語および解説が備わっていることが重要で、いきなり実践向けのJavaScriptなどを学ぶと楽しさを感じられず「継続不能」となる恐れもあるので、とくにプログラミング初心者の場合は注意しておきたいポイントになります。

またプログラミング初心者向けの講座をクリアできれば、つぎのステップとしてJavaScriptやPythonといった実践的なコード学習へと進ませたいもの。したがって初心者向けの講座から中級者以上の講座まで、できる限り幅広く対応しているプログラミング通信教育を選んでおくと後で便利です。

プログラミング初心者の中学生という場合は、まず「初心者向け講座」のチェックがおすすめです。

目標とするプログラミング言語を学べること

中学生へプログラミング学習を考えるとき、同時に「目標設定」を行っておく

ことも重要なポイントです。

なぜならプログラミング通信教育には「コース設定」があり、コースによって学べるプログラム言語が違うため目標が定まっていないと最適なコース選択ができないため。

たとえば中学校のプログラミング学習で成績アップさせたいという場合は「初心者向けコース」の設定がある、将来的にプログラマー(エンジニア)として働きたいという場合は「中級者以上」といったコース設定があるなど。

さらに詳しくいえば習わせたいプログラム言語まで定まっていれば、より目標達成しやすいプログラミング教室および最適なコース選択へとつなげやすくなります。

ひとくちにプログラミング言語といっても種類は多く、大きく分けると「ゲームプログラミング」「AIプログラミング」があるかと。ゲームプログラミングはその名の通りゲームに特化した学習内容となり、AIプログラミングはICT教育などに特化した学習内容となります。

したがってまずは子供の目標を定め、それに従ってプログラミング通信教育の対応範囲と合わせる。

正しい順序によって通信教育を選ぶことで、より目標達成しやすくマッチング性の高いプログラミング学習を実践できるようになります。

疑問をできる限り素早く解消できること

プログラミング学習に限らず中学生の勉強全般において、とくに重要となるポイントがこの「素早い疑問解消」という部分。

学習現場を想像してみてほしいのですが、疑問が生じるとともに「手が止まってしまう」という状況に陥るもの。この状況が続くほど学習効率が低下するため、たとえ同じ時間勉強をしても学習効果は大きく違ってくるものです。

また疑問が生じた瞬間から子供自身のストレスとなるのも大きなデメリットで、その状況が続くほどストレスは大きくなってしまい、最終的にプログラミング学習を嫌いになってしまうなどの可能性もあるため疑問について決して軽く見ないほうがおすすめ。

ここで重要となる要素が「素早い疑問解消能力」が通信教育に備わっていることで、たとえばオンライン指導で早めの疑問解消ができる、チャット相談で疑問解消ができるなど、何らかの対策が講じられていることが通信教育には求められます。

この疑問解消におけるスタイルは何でもよく、たとえば映像授業による学習システムが構築されている場合などは、疑問解消へつながる理解しやすい映像授業であればこの問題はクリア。

どんな形でもいいので、できる限り素早い疑問解消へつながる施策がある、というのもプログラミング通信教育には求めたいところです。

中学生で学ばせておきたいプログラミング知識

中学生で学ばせておきたいプログラミング知識

中学生にとって、重要なプログラミング知識をいくつか紹介します。

プログラミングは、コンピュータやソフトウェアを制御するための技術です。中学生にとってプログラミングを学ぶことは論理的思考や問題解決能力を養うだけでなく、将来のキャリアの可能性を広げることにもつながります。

アルゴリズムと制御構造

プログラミングの基礎として、アルゴリズムと制御構造を学ぶことが重要です。

アルゴリズムは問題を解決する手順や手法のことであり、制御構造はプログラムの実行フローを制御するための文法や構文のルールです。

プログラミング言語

中学生には、わかりやすく学習できるプログラミング言語を選ぶことがおすすめです。

例えば、ScratchやPythonなどがよく使われます。

Scratchはビジュアルプログラミング言語で、ブロックを組み合わせてプログラムを作成します。Pythonはテキストベースのプログラミング言語で、シンプルで学習しやすい特徴があります。

データ型と変数

プログラミングでは、データ型と変数の概念を理解する必要があります。

データ型は数値や文字列などのデータの種類を表し、変数はデータを格納するための入れ物です。変数は後で再利用できるため、プログラムの効率性を高めることができます。

条件分岐とループ

条件分岐とループは、プログラムの制御構造の一部です。

条件分岐は、ある条件に基づいてプログラムの実行結果を変えるための仕組みであり、ループは同じ処理を繰り返し実行するための仕組みです。

例えば、もし〜ならばという条件文や、繰り返し処理を行うforループやwhileループなどがあります。

問題解決能力の養成

プログラミングは、与えられた問題を解決するためのスキルを養うのに役立ちます。

中学生にはプログラミングの基礎を学ぶだけでなく、問題を分析し効果的な解決策を見つけるための思考力も養ってほしいです。

tana

これらの基本的なプログラミング知識を中学生に学ばせることで、彼らはプログラミングの基礎を身につけ、将来的により高度なプログラミングスキルを習得する基盤を築くことができます。プログラミングは創造性やイノベーションを促進する力を持っており、中学生にとって非常に有益なスキルです。

中学生におすすめのプログラミング言語

中学生におすすめのプログラミング言語

中学生おすすめプログラミング言語「Python」

中学生におすすめのプログラミング言語としては、Pythonが非常に適しています。

Pythonは中学生にとって学習しやすく、幅広い用途に利用される人気のあるプログラミング言語です。

以下に、Pythonが中学生におすすめの理由と根拠をいくつか挙げます。

読みやすいシンプルな構文

Pythonは、シンプルで読みやすい構文を持っています。

英語に近い自然言語に近い表現が可能であり、コードが直感的に理解しやすい特徴があります。これにより、中学生にとってプログラミングの学習がよりアクセスしやすくなります。

多様な用途と豊富な学習資材

Pythonは、データ分析、ウェブ開発、人工知能、ゲーム開発など、さまざまな用途に利用されています。

中学生がPythonを学ぶことで、将来的に興味や関心を持った分野に応じて応用することができます。またPythonには初心者向けの学習資料やオンラインコースが豊富に存在し、学習のサポートを受けることができます。

コミュニティとサポート

Pythonは、世界中で広く使われており、活発なコミュニティが存在しています。

中学生が学習中に疑問や問題が生じた場合、オンラインフォーラムやコミュニティに質問を投稿することで、助けを得ることができます。

このようなサポート体制があることで、学習のモチベーションを高めることができます。

実践的なプログラミング経験の提供

Pythonは、実際のプロジェクトや課題に取り組むためのツールとしても優れています。

中学生がPythonを学びながら、自分のアイデアを形にする経験を積むことができます。例えば、単純なゲームの開発やウェブサイトの構築など、実践的なプログラミングの経験を通じて創造性や問題解決能力を発展させることができます。

tana

Pythonは、シンプルで読みやすい構文、多様な用途と学習資材、活発なコミュニティ、実践的なプログラミング経験の提供など、中学生にとって学習に適したプログラミング言語です。

Pythonを学ぶことで、中学生はプログラミングの基礎を確立し、将来的にさまざまな分野で応用するスキルを身につけることができます。

中学生おすすめプログラミング言語「JavaScript」

中学生の学習におすすめのプログラミング言語として、JavaScriptが挙げられます。

JavaScriptはウェブ開発やゲーム開発など、多様な用途で利用されており、中学生にとってプログラミングを学ぶのに適した言語です。

以下に、JavaScriptが中学生におすすめの理由と根拠をいくつか挙げます。

ウェブ開発との関連性

JavaScriptは、ウェブブラウザ上で動作するプログラムを作成するための言語です。

現代の情報社会では、ウェブサイトやウェブアプリケーションの需要が高まっています。JavaScriptを学ぶことで中学生はウェブ開発の基礎を学びながら、自分のウェブページやゲームを作成することができます。

インタラクティブな体験の提供

JavaScriptは、ユーザーとのインタラクティブな体験を提供することができます。

ウェブページ上での動的な要素やアニメーション、ユーザーの入力に対する応答などをプログラムすることができます。これにより中学生は自分の作品をより魅力的にし、他の人と共有する楽しみを体験することができます。

豊富な学習資材とコミュニティ

JavaScriptは非常に人気のある言語であり、学習資材やコミュニティが豊富に存在します。

中学生はオンラインのチュートリアルやコース、コミュニティフォーラムを活用することで、自分のペースで学習を進めることができます。

また、他のプログラマーとのコラボレーションやフィードバックも受けることができます。

問題解決能力の養成

JavaScriptを学ぶことで、中学生は論理的思考や問題解決能力を養うことができます。

JavaScriptを使用して、具体的な問題を解決するためのアルゴリズムや制御フローを設計する必要があります。この過程で、中学生は問題解決のスキルや論理的思考を発展させることが期待できます。

tana

JavaScriptは、ウェブ開発との関連性、インタラクティブな体験の提供、豊富な学習資材とコミュニティ、問題解決能力の養成など、中学生にとってプログラミングを学ぶのに適した言語です。

JavaScriptを学ぶことで、中学生は自分のアイデアを実現し、ウェブ上で自分の作品を公開する喜びを体験することができます。

中学生へプログラミングを学ばせることの有効性

中学生へプログラミングを学ばせることの有効性

中学生にプログラミングを学ばせることは、さまざまな面で有益であると言えます。

以下に、その有効性について根拠と共に詳しく解説します。

論理的思考と問題解決能力の発展

プログラミングは、論理的思考と問題解決能力を養うのに役立ちます。

プログラミングでは与えられた問題や目標に対してアルゴリズムを設計し、論理的な手順でプログラムを組み立てる必要があります。

中学生がプログラミングを学ぶことで、論理的思考や問題解決のスキルを発展させることが期待できます。

創造性とイノベーションの促進

プログラミングは創造性とイノベーションを促進する力を持っています。

中学生がプログラミングを通じて自分のアイデアを具現化し、プログラムやプロジェクトを作成することで、創造的な思考を発揮することができます。

また、プログラミングによって新しいアプリケーションやウェブサイトを開発することも可能であり、中学生のイノベーションの可能性を広げることができます。

テクノロジーの理解と未来のキャリアの可能性

現代社会ではテクノロジーがますます重要な役割を果たしています。

プログラミングを学ぶことで、中学生はテクノロジーの仕組みや基礎的な原理を理解することができます。

また、プログラミングはさまざまなキャリアの道を開くことができるため、中学生の将来の選択肢を広げることができます。

コンピュータリテラシーの向上

プログラミングを学ぶことで、中学生はコンピュータリテラシーを向上させることが期待できます。

プログラミングの学習を通じて、コンピュータやソフトウェアの動作原理や基本的な概念を理解することができます。これにより、中学生はデジタル世界でより自信を持って活動することができます。

チームワークと協働能力の発展

プログラミングは単独作業だけでなく、チームでの協力も求められることがあります。

中学生がプログラミングを学ぶことで、他のプログラマーやクリエイターとコラボレーションする経験を積むことができます。このような協働能力の発展は、将来の職場や社会で重要なスキルとなります。

tana

これらの要素からも分かるように、中学生にプログラミングを学ばせることは、論理的思考や問題解決能力の発展、創造性とイノベーションの促進、テクノロジーの理解とキャリアの可能性、コンピュータリテラシーの向上、チームワークと協働能力の発展など、多くの有益な効果をもたらします。

✅ もういちど「私のおすすめプログラミング通信教育」をチェックしませんか?

→ 中学生プログラミング通信教育おすすめランキング

 

まとめ

今回は「中学生におすすめのプログラミング教材が知りたい」という疑問に対して、

つぎの2項目を設けて私なりに解説してきました。

中学生プログラミング通信教育おすすめランキング

中学生へプログラミング通信教育を選ぶポイント

中学生へプログラミング通信教育を選ぶにあたり、かなり確実性の高い選択ができるかと思います。

最後になりますが、つぎの順序で考えると通信教育を選びやすくなります。

  • 通信教育を利用する目的(子供の目標)
  • 通信教育に備わる内容との一致性(学べるプログラミング言語など)
  • サポート体制の充実度

まずは子供の目標に沿って、必要なプログラミング言語・知識を学べるか?

とくにプログラミング初心者の場合は、初心者向きのブロック型プログラミング言語で学べるかなどをチェックしてみてください。

続いてサポート体制をチェックし、できる限り素早く疑問解消できること。

最低でもこの2項目を守っておけば、いまの悩み解消へつながるプログラミング通信教育を選べるかと。

tana

1つだけ注意しておきたいのが「費用が高額なだけで中身が薄い」という通信教育を選ばないこと。

しっかりと機能・学習範囲・構成といった内容面までチェックして、総合的に学習効果が期待できる通信教育を選ぶことで、はじめて効果的なプログラミング学習を実践できます。

中学生のプログラム通信教育選びとして、今回の内容をぜひお役立てください。